071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真上を向く

顔の通り道。
意外に出来てない。

アムスに顔を付けるのは
なんとなくしか出来てないのは知っていたけど
意識しすぎてぐちゃぐちゃになることも多く
それとなく出来てるっぽくやってるから
いつまで経ってもしっくりいかない。

もう少しこのときはこうって
はっきりわかってそれ以外は無しぐらいの気持ちで
やらないといけない気がする。
ドゥミプリエの時のアンナバンのアムスも。
もっとはっきり意識して
私はやっていますって自信を持ってやらないと。

最近言われてるのはエポールマン、
きちんと頬を意識する事。
横顔を見せる。
目線。

頭蓋骨を上に引っ張ってないから
どうでもよくなる事になるみたいで
ちゃんと頭蓋骨から背骨ごと引っ張っていれば
そうしたくなるはずって思う。
上に引っ張ってないから
下を向きすぎて上半身が崩れるとか
首が引っかかるところがあって
そこを通ろうとすると肩が癒着して
肩が上がっちゃったりする
そう、ビートたけしのように(笑)

はっきり自覚したのは
横のリンバリングの時
もっと上見ていいよって言われた時
全然真上なんか見てなかった。
もっとあごで円を描くような感じ。
私は台形を描いてたって感じ。

あ、真上って言っても天井ってわけじゃなくて
正面に対する上。
バレエやってる人ならわかるよね。

この前言われた
前に首が突っ込んじゃうのも
首が痛い=前に突っ込む=上が見れない
と言う図式だけじゃなく
意識してやろうとしてないから出来てないのかも。

なんだかほんとに
部品ごとに分断されたまま使ってるな~。
次の課題は顔。
美しい顔の向き。
【 2009/08/01 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(2)
こんにちは!
pandaさんのところでお見かけして、
時々ブログにお邪魔してました
Balerieと申します、よろしくお願いします

頭蓋骨を上に引っ張る・・って私がいましようと努力していることなんです

まぁ、正確に言うと、
首の力を抜いて、
頭蓋骨と背骨の間に隙間を作って、
頭をふんわりと背骨の上にバランスよくのせて置くって感じです
私の場合・・・

ここの力がぬけると、気持ちよくカラダが伸びます
【 2009/08/03 】 編集
Balerieさん
こんにちは、コメントありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします♪

>頭蓋骨と背骨の間に隙間を作って
頭をふんわりと背骨の上にバランスよくのせて置くって感じです

もうまさに私もこれです!
ここのすきまを作ろうと
引っ張る方向を間違えて
力任せになったりしてる気がします。

ふんわり置くってイメージいいですね。
背骨を真っ直ぐ積んでいったら
本当に余計な力はいらないんですよね。
回転ものの時たまに体感するのだけど
まだまだ首と背骨の骨が上手く繋がってない感じなのです。

その上の頭蓋骨がとっても重たくて(笑)
【 2009/08/04 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。