091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もっと素敵に歩いて

2カウント歩いて前にいる人の肩に
手をかけてピケアラベスク。

たぶん5歩歩く勘定になるんだけど
歩数適当に合わせてって、おいおい(笑)

で、ただ歩けばいいってわけじゃなくて
6番の方向にエカルテした足を下ろして
向きを変えて2番の方向にアラベスク
それも前にいる人の肩に手を置くから
微妙な立ち位置加減が難しい。

あれやこれや考えてる時間はもちろんなく、
途中ぐちゃぐちゃで何が起きようと
アラベスクのカウントには
何がなんでも間に合わせると言う事をやったら言われた(笑)
「素敵に歩く」
これが自然と身に付いて
いつでも出来たら美しさ倍増よね。

そう思って他の人見てるとポーズとポーズの間に
普通の人になってる人いっぱいいた(笑)
要注意だわ。
バレエなんだから。

ピケのストゥニューから5番プリエに下りて
シャッセ後ろタンジュのポーズ、右左。
どっちの方向に何をするかをきちんと把握してないで
右とか左って思っちゃうからダメなのよね。

身体の向きに対しての
自分の前とアラセゴンをきちんとわかって動かないから
顔がついていかなかったり
中途半端な方向になってしまうんだ。

そう言うところは随所にあって
いつもなんちゃってになる理由がそう言う事なんだって
やっとわかってきた。

動線がぐちゃぐちゃな人はここが
全くわかってないって事なんだけど
私なんとなく感覚で行けてるだけで
ほんとはいつも適当で
なんとなくこっちら辺あっちら辺って
ごまかしてた気がする。

きっと180度のポジションが出来る人は
どの方向でも真横はひとつしかないから
迷いようがないんだろうけど、
中途半端で自分の真横に迷いがある
いつもあいまいな私は
そこがダメなんだと思う。

あまり注意されてないけど
どっち向いて何してるのって自分で
突っ込む場面多いもの。
身体の向きが合ってるけど脚は微妙なんだ。

これからは
自分のアラセゴンをきちんと確かめよう。
ここに上げたいとかこうしたいって
理想ばかり追い求めて自分を全然わかってないんだもの。
【 2009/02/20 (Fri) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。