071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プリエからアップ

ちくりちくりとダメだし。
そんな先生が好き(笑)

注意すれば出来るんだから
最初からやってよ
とはよく言われるんだけど
疲れてくると自分の癖満載・・・
もう全然バレエじゃなくなる。

悲しい。
片脚プリエからアップするときに
付け根がアンデダンしたがるのを、
ものすごく実感。

つま先を開いてごまかしても
結局股関節の脚付け根は正直だから
似てるけどバレエじゃない動きになるわけだわ。

このアンデダン現象は
バーレッスンでもいろんな所に出没して
やってるつもりになると
なんの訓練にもならない。

タンジュで脚を動かしても
軸の付け根はそのままって
いつも言われてるけど軸がアンデダンしてる事に
気が付いてないから
センターではもっとわからないって事に繋がるし
この弱点を克服しなくちゃ次に行けないんだわ。

脚を上げれば軸は上げた脚に取られて
アンデダンしたがるけど、
成り行きに任せちゃダメって事を
もっと身体で理解しなくちゃ。

リボン(アンディオール)がほどけたまま
踊っててもわからないなんてあり得ないよね。
【 2008/08/01 (Fri) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。