091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひねり

今まで無意識だった感覚の目覚め。
それは、上半身のひねり。

先生からよくねじれてると注意されるのは、
下半身で言えば膝とつま先の角度。
あと、骨盤と上半身のつなぎ目のねじれ。
身体が開いてるとか、
脚を高く上げようとすると
無理がかかってねじれていくとか、
おおざっぱに言えば
どこに脚だしてるのよって言うか、
何をしたいの?
みたいな。

注意されて直すのはもちろんだけど、
歪んでることに気が付かないと
いつまでたっても自分で直せない。

膝が壊れるプリエとか、
腰を痛めるアラベスクとか、
まあいろいろダメなゆがみやひねりが
バレエには存在する。

でも、思ったのは5番ポジションに
脚を重ねたときの正しいひねりも存在するのよね。
左右に首を付けたときの上半身とかも。

足が前後になってるって事、
間違いなくひねりが加わってる。
首を付けてアムスを見たときも
ひねりが起きないわけがない。

その正しさをもっと感じることも
必要だって最近気が付いた。

右足前の骨盤に繋がってる右足前の背中。
右足軸での不安定感を言われてから、
いろいろ注意してどこがどう弱いか
いろいろチェックしてるんだけど
やっぱりほんの些細なことから修正していかないとダメだし、
目には見えないけど小さいところから鍛えて行かないと
積み重なっていかないな~と感じた。

日記を書いて、
読み返してみると、
いいところに気づいてるけどその後どうなった?
みたいなことがけっこうあって、
問題を解いてる途中で
違う問題を解き始めたりしてる。

今一番必要なことが何かというのが
模索中というのもあるけど、
結局はバーレッスンで気づいて感じて
自分で直すしかないのよね。

正しいひねりと正しくないひねりを
間違わないようにしなくちゃ。
【 2008/03/15 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(2)
アンファス一番から、右足をスライドして前5番に。ほんの少しクロワゼのようなひねりを感じると 鏡でまっすぐに見える気がします。
正しいひねりなのかなぁ~
【 2008/03/16 】 編集
umekoさん
そんな感じありますね~。
そのクロワゼ感の背中を左右で足を変えた時に
ちゃんと背中も記憶しなくちゃ片足になった時に
迷うんじゃないかって思ってるの。
【 2008/03/17 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。