071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伸びない筋肉の人はいない

昨日先生に言われた言葉。

「伸びない筋肉の人はいないよ、
伸び方に個人差あってもみんな伸びるから」

確かに。
そして、言われるともっと伸びる。

で、先生に脚を引っ張ってもらう。
こんなに伸びるのに~と言われ、
みんなにきれい~と言われ、
いつもこうやってと言われ、
自力じゃ出来ない自分が腹立たしい。

水の流れを止めるように、
どこかに余計な力が入り
筋肉の流れを妨げてるんだわ。

前にめん棒で自分の筋肉を
餅みたいに熨すように伸ばしてって言われたっけ。
ひとりエステとか(笑)
 
昨日は寒くて膝の調子がいまいちで、
なんだか肩や腰や膝に来てるって・・・
早く暖かくなって欲しい~。

なので動きを丁寧に心がけた。

今年に入ってからポアントを
新たな気持ちで履き、
バレエシューズの延長線上にポアントが来るように、
特に意識していろいろやっている。

乱暴にえいっとやれば立ててしまえるポアントも、
丁寧にドゥミを通ると筋力のなさを感じる。
引き上げる力、土踏まずの力、真ん中の軸に寄せる力、
そしてアンディオール。

昔は出来ないことが、
出来ない悔しさでしかなかったけど、
ずるして出来たふりしても自分のためには
何もプラスされない。

ピケでアラベスクの時に、
もっと前と言われ、
そうだ、バレエシューズの時にも言われた。
軸の取り方の注意が同じ。

もっとバレエシューズで確実に
ちゃんと細い軸を作っていかないと、
ポアントでもやっぱり同じ注意をされる。

よりいっそうアンディオールしないと、
ポアントでもっと前には行けない。

両手アンオーの5番ルルベから、
後ろクッペ、前クッペ。
軸が動きすぎ。
足離せばいいってものじゃない(笑)

とてつもなく難しいけど、
アンディオールすれば全ては解決。
糸口はクッペの形ではなく、
アンディオールしたまま股関節の
角度が変わると言うこと。
【 2008/02/06 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(8)
関節同士を離していかないと
邪魔して筋肉伸ばせないよ~
というのはバーオソルレッスンの
先生の始まりの挨拶

ホント、麺棒で筋肉も関節も伸していきたいわ。


クペ。
5番ルルベの内股の感覚(両腿で挟んでいる感覚)
を変えないで! って先日言われたばかり。

これが途中で溶けていっちゃうのよね~
【 2008/02/06 】 編集
ね~♪
杏麗流さん
やっぱすきまよね~。
つま先から遠くじゃなくて、付け根から遠く、
きっともっと自然の流れに乗って伸びて行かなくちゃ
いけないんだろうなと思う。
脚に合うめん棒が欲しいよね(笑)

5番ルルベがアンディオールじゃなく、
引き寄せてるだけだから
角度を変えられないんだって感じがする。
杏麗流さんの先生の言うのは
内股の感覚のある一点の事を言ってるんだよね。
私はまだ点じゃなくて、かたまりで使ってる感じがする。

トゲを抜くのにピンセットじゃなく
手袋はめた手で抜こうとしてるみたいな。
まだまだ感覚鈍いな~。
【 2008/02/06 】 編集
股関節の角度は変わるけど
両腿はまだ離れたくないんだよ~
という感じ....らしい。

途中までは感じられるのだけど
そこからフニャっと抜けてしまうの。
きっと中心にあった軸が
左右に分かれてしまうのね。
(何故か、枝毛を連想してしまった...)
【 2008/02/06 】 編集
杏麗流さん
あ、そうか両腿はまだ離れたくないのね。
パッセとはまた違う感覚なのかな。
アテールからクッペは全然考えてないから、
ここがそももも間違ってる気がしてきたわ。
【 2008/02/06 】 編集
筋肉は、個人差はあっても、伸びるようにできていますよね。
股関節のアン・ドゥオールも、関連する筋肉を緩めてもらうだけで変わりますし。

私は、ドゥミを通ってポワントは、そんなに苦労しなかったんですが、先生に、全然引き上げができていなくて、足だけでやってるって指摘されました。
はやくちょうどいいところでできるようになりたいです。

ずるして出来たふりしても、ほんとに、なんのプラスにもならないですよね。しみじみ。。
【 2008/02/07 】 編集
acbeさん
ゆるめて伸ばしてるつもりでも、
どこかしら力が入って、
そこを克服していくのが課題かな~。
もっぱら自分でマッサージです(笑)

ドゥミを通ってポワント
自分の癖で甲を押し出してひょいって乗るのは簡単なんだけど、
それでは次の階段を上れないから、
今正しく立つことをやっていかないとって感じです。
本当に直していくのは難しい~。

まだまだポアント履いて
踊れるレベルじゃないです。
出来てると思ってた昔の自分に喝を入れたい(笑)
【 2008/02/07 】 編集
私も、ピケアラベスクをいつも注意されます。自分では丁寧にやっているつもりなんですが!もっと勢いをつけて前にって言われるんですよね~。なかなか難しいです・・・・・。ドゥミからのアップは、抜けてると立てないです☆☆☆☆☆たまにカクンって落ちちゃいます(^^)
【 2008/02/07 】 編集
はなさん
ピケのデガジェに出した脚がもうすでに
次の軸の元になってるわけだから、
立った時に気を付けても遅いんだな~って、
だからバレエシューズでもっとやることあるって感じです。

ドゥミからのアップはつい勢いで立ってしまうけど、
それじゃいつまで経っても必要な部分が
育たないって感じてます。

ポアントって慣れるのは必要だけど、
甘えちゃいけないなと思います。
【 2008/02/07 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。