091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

恐るべし鎖骨(笑)

今日の重点も鎖骨。
安定感が今までと全然違う。

バーで感じたのは、
ルルベでクッペのバランスって意外に苦手で、
なんだか何したい人なの?
って事があるんだけど、
鎖骨を引っ張ったらめちゃめちゃ安定。
ちゃんと軸が床を押していられる。

アムスを丸く使うって所で、
今まで鎖骨も丸く使ってたんだわ。

見た目は他の所を使って同じ形にしてたけど、
肘を張るとか二の腕引っ張るとか、
脇を立てるとか脇をつぶさないとか、
いろんな部分を注意してたけど、
鎖骨を引っ張ったらホントに全部解決しちゃったみたい。
 
鎖骨を意識しているとセンターでも、
バランスがものすごくよくて、
アラベスクもアンオーのパッセも、
アチチュードのターンも
プロムナードもいろんな事を気を付けなくても、
グラグラしない。

アムスも柔らかく動かせる。
なんたって脇が安定してるから、
ピルエットの軸が今までのような、
一か八かがない。

腹筋もちゃんとキープして使い続けらるから、
背中が反ったりしないし、
アムスが崩れないし、アムスでバランス取って
変に力が入って崩れると言うことが起きない。

もしかして私にはすごい発見だったかも~。
1番ポジションのここに立つんだって
わかった時以来の大発見だわ(笑)
【 2007/09/04 (Tue) 】 バレエ | TB(-) | CM(6)
NoTitle
まだ、やや休みぼけの杏麗流です。

今週はバーオソルにしか行けないけれど、
来週からはレッスンも復活すると思うので
「鎖骨」
意識してみます。

>アムスを丸く使うって所で、
>今まで鎖骨も丸く使ってた...

というのが、私にも言えそう。

とにかく1ヶ月以上のお休みで
ガタガタしてきているから、
まずは立て直しからね。



【 2007/09/05 】 編集
NoTitle
鎖骨を感じながらレッスンしたことないです。左右に引っ張るってどんな感覚なんでしょうか?????レッスンしてみないとわからないのかな~。今日がレッスンの日なので、行けたら意識してみます☆☆ドロシーさんと同じように上手く行けばいいけど・・・・・。レッスン始まったら、すっぽり抜けそうだわ(^^)(^^)
【 2007/09/05 】 編集
NoTitle
杏麗流さん
休み明け厳しそう~(笑)
鎖骨を意識すると
こんなにもいろんな事が改善されるなんて
思っても見ませんでした~。

とにかく左右均等に引っ張れると、
アムスがどこにあっても
背骨の中心から左右に伸びていける感じなんです。
是非意識してみてください~。
【 2007/09/05 】 編集
NoTitle
はなさん
鎖骨を左右に引っ張る感覚は、
アムスをだらんと下に下げた状態で力を抜いて、
アムスをドミスゴンドに開くような感覚で、
先に鎖骨を伸ばしていくと言うのがわかりやすいかしら。

あと第1アラベスクのアムスで言えば、
前の手の方に身体が流されるのを、
反対側の鎖骨で均等に引っ張ることを意識するとか、
上半身全部を使って形を整えるのではなく、
鎖骨と背骨で十字を意識すると、
歪み方が全然違う気がするわ。
【 2007/09/05 】 編集
NoTitle
初めまして!pandaさんのページからお邪魔しました。
私も初心者のおばさんリーナながら、
「なんちゃってバレエは嫌!正しいポジションで
おどるのだぁ!」と思っているので共感!共感!
特に「鎖骨を引っ張る」はメからウロコ!
「センターでも身体をまとめ続けるのがともぞうさんの当面の課題」
とおっしゃる私の先生が 今しきりに
「首の付け根意識して~、肩甲骨さげて~ アンナバンでまとめる!」
と注意してくださってるのが、もしかしてコレ?
と思いました。
明日のレッスンが楽しみ!試してみます。 
【 2007/09/05 】 編集
NoTitle
ともぞうさん
初めまして、コメントありがとうございます。
正しいポジションで踊りたい仲間が増えて嬉しいです♪

>「首の付け根意識して~、肩甲骨さげて~ アンナバンでまとめる!」
そうそう私も同じようなこと言われてます。
それが鎖骨を引っ張ることで安定感が生まれたんですよ。
明日のお稽古で意識してみてくださいね~。
【 2007/09/05 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。