071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中身の変化

今年ももう半分が過ぎようとしてる~。
なんて早いんだろう。

お手本の人や先生、あと画像なんかで、
こうすればいいって外から見えた形を
ただひたすら真似していた昔。

基礎を習い始め、blogで研究し、
バレエっぽいものと、バレエの違いが明確になり、
中身のことを考えるようになって、
見る目も、見るところも変わってきた。

ホンモノに近い中身の方が、
苦しい訓練が必要だけど、
楽に気持ちよく踊れることも
だんだんわかってきた。

  
そして、バレエってやればやるほど、
ひたすら厳しいと思うし、
そうかと思えば逆に
いくらでも甘やかすことが出来て
いくらでもさぼれちゃうから

まさに自分との闘い。

今年になってから
こんな風になりたいと言う設計図が、
だんだん明確になり、
そのために必要なことが、
だんだんわかってきて、
ますますバレエが楽しくなってきたと感じる。

先生が、30年バレエをしてても、
いまだに新しい発見がありますって言ってたけど、
バレエってまだまだ奥が深くて謎に満ちてる事がいっぱい。

先生でももっとこうしたい、こうなりたいって思って、
向上し続けているんだもの、
生徒の私達はまだまだ頑張らなくちゃ~。

こんな下手くそな大人の生徒に、
ジュニアの子と同じように
もっとってあきらめずに
言い続けてくれる先生に感謝だわ。
【 2007/06/25 (Mon) 】 バレエ | TB(-) | CM(8)
NoTitle
プロならば、そろそろ第一線でのヴィルツゥオーゾ的な事からは引退しだす歳になっているのに、何故バレエをしているかといえば、自分の身体の発見が楽しいからなのだと思う。ドロシーさんもそれが楽しいのでしょう?
それにしても、X脚、足指、甲が柔らかくて、股関節が開いているドロシーさんて、私と正反対ね。
私と足して、2で割りたい(笑)

でも、私も他の関節や筋肉は普通より柔らかめで、座骨神経痛で痛めた筋肉以外のストレッチは大好きなのね。
だから、柔らかくて他に影響が出ないって、善し悪しなのは良く分かるわぁ。柔らかい筋肉を鍛える方が、固い筋肉に柔軟性を持たせるより大変なのよね。10代の頃はともかく......
【 2007/06/25 】 編集
NoTitle
杏麗流さん
おっしゃるとおり他のダンスは昨年引退したんだけど、
バレエだけはやめられないのよね~。

今までずっと舞台中心の生活で、
お客さんありきの他のダンスだったけど、
バレエは自分が踊るのが楽しいって感じ。
自分の身体発見すごく楽しいし、まだ頑張れる気がする(笑)

持ってる身体に文句言ってもしょうがないから、
とにかく使いこなせるようになりたいって所なのよね。
全身の筋肉パンパンにしてジャズダンスや
ヒップホップを踊っていたのとは違って、
バレエってほんと身体との対話というか、
繊細な踊りだと思うわ~。

柔らかい筋肉ってホントに正しく使わないと、
核になる部分が育たない気がする。
柔らかくて使い物にならない部分と、
変に使ってきて固まってる部分と混在してるのがまた
やっかいなのよね。

私も座骨神経痛あるんだけど、前屈が全く出来なかったの。
野球ボールで筋肉に沿ってマッサージするようになってから、ずいぶん楽になったわ。

足して2で割るのは似たような事娘にも言われるのよ~。
180度開いてすらっと細いけどO脚の娘の脚に、
立ち方が悪いって注意すると、
ママ脚交換して私の脚育ててって(笑)
【 2007/06/25 】 編集
NoTitle
こんにちは。私も昔は先輩方の真似をするところから始まりました!!とっても良い見本が近くにいてくれたおかげで、何とか形になっていたような感じでした・・・・・。大人になってからの方が、自分のスタイルでできてる気がしますね~。自分が本気でレッスンしているときよりも、大人になってからの方が外からの情報が多いんですもの☆3年前に坐骨神経痛と股関節半脱臼を経験してからは、無理は絶対できないので、自分の身体と相談しながら、ゆっくり続けています。ドロシーさんは、ホントに考えながらバレエを続けていらっしゃるんですね!!私はそこまで考えてないな~。
【 2007/06/25 】 編集
NoTitle
はなさん
もの真似で、ある程度までは出来るようになるけど、
基礎がないと絶対に難しいことは出来なくなるんですよね。
そうすると踊ってても上手にならないから楽しくないし、
何を目指してるかわからなくなる感じで。

基礎をしっかりやり始めてからは、
今はぐちゃぐちゃで形にならないことでも、
訓練していけば出来るようになるのがわかって、
出来なくても楽しめる自分がいます。

怪我とも上手に付き合っていきたいですね。
【 2007/06/25 】 編集
NoTitle
>柔らかくて使い物にならない部分と、変に使ってきて固まってる部分と混在してるのがまたやっかいなのよね

先生の注意を筋肉への指令へ脳内変換する時、自分の骨格とか、クセとかを把握していないと、間違った事をしてしまうのよね。固まっているところに更に力を入れてしまったり。
このときにサッと気づいて軌道修正してくれる先生と、気づかない先生というのは1年後の生徒の成長に雲泥の差がある。
今の私の先生達は見た目が変わらなくとも意識が正しいところにあるか、無いかまで見抜いてくれるのね。

だから、例外を除いては20歳以上の生徒ばかりのスタジオなのだけれど、プロになるつもりで毎日レッスンをしている人たちは、2-3年のうちにプロになっている。
一般に踊り向きでない、といわれる骨格、体型であっても、最大限に正しく使うと美しく踊れる、というのを目の当たりにしていると、自分にもまだまだ可能性があるな、と思えてきます。

ボールマッサージ、私もしてますよ。野球ボールは手に入らないので硬式テニスボールでね。
それから、たまにv-206がベビーオイルを塗ってマッサージをしてくれるの。これも気持ちいい。v-218
【 2007/06/25 】 編集
NoTitle
>先生の注意を筋肉への指令へ脳内変換する時、自分の骨格とか、クセとかを把握していないと、間違った事をしてしまうのよね。固まっているところに更に力を入れてしまったり。

そうなんですよね~。
固くなってどうにもならなくなっている所を
少しずつほぐすことの必要性をとても感じます。
先生の指摘も上手く自分で消化できないと、
あっちにもこっちにも力を入れて固めているだけの時がある。
それをあらためて感じました。
そう。先生の力もそうだと思いますが、
生徒本人のアンテナも、気づく人と気づかない人で雲泥の差。
自分の体の苦手にちゃんと向き合えるか、
苦手から目をそらして逃げるか、
どれだけ真摯にバレエに向き合えるで、
本当に身体が答えてくれることが違う。
まだまだやれるんだなって、あらためて思えました☆
【 2007/06/25 】 編集
NoTitle
杏麗流さん
とても素敵な先生に習ってるのね。
2~3年でプロになれるというのもすごいレベルですね。
きめ細かく指導してくれる先生の言葉を素直に受け入れて、
努力してお稽古している生徒さんの方も素晴らしいと思います~。

私も正しくないことをいくらごまかして綺麗にみせても、
全部NGって言う先生に出会ってからは
基礎をとても考えるようになりました。

ただ個人レッスンではないから、
しょっちゅう声をかけてもらえるわけではないし、
大勢の生徒の中で受け身になる分、
自分で考えていく事をとてもしなくちゃいけなくて、
自分でも努力していかなくちゃ、
次の階段は上れないって感じですね。
個人的に注意されたことはとても貴重なので、
次に活かすために常に考えて行かなくちゃと言う感じです。
同じ事を毎回、何年も注意されてる人もいるクラスで、
時々悲しくもなるんですが・・・

オイルマッサージしてくれるなんて、
なんてなんて素敵なv-206なんでしょう~。
私はわんことボールの取り合いでマッサージです(笑)
【 2007/06/25 】 編集
NoTitle
pandaさん
ホントにほぐさないと先に行けないって最近特に思うわね~。
勘違いした柔らかさなんかじゃなく、
本当に必要なことを求めて対処していく力が必要って事のような気がする。

先生と生徒の周波数を合わせるのも、すごく大事よね。
先生の言うことにちゃんと耳を傾けて、
自分がどんなことになってるか自覚していけば、
ちょっとずつでも前進できると思うし、
まだまだ頑張れると思うわ。

pandaさんはまだまだこれからの人よ♪
【 2007/06/26 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。