091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大腿骨

ソファーに寝ころんで
お尻を触りながらストレッチをし
お尻の変な所に力が
入らなくなったな~と思いながら、
脚をアンディオールしていたら、
大腿骨が動いてるのがわかった。

今まで実際動いてるのを、
確認したこと無かったから、
ちょっと感動。

あ~動いてる~!みたいな(笑)
今までお尻に力が入って鈍感だったって事もあるかな?
  
そしてこの大腿骨を内股にすれば、
お尻が広がって軸が太くなり、
アンディオールして寄せれば寄せるほど、
軸が細くなるって仕組みなのよね。
お尻もちっちゃくなるし。

初めて大腿骨を回して寄せてと言われた時は、
自分の身体の中で脚がどんな仕組みになってるか、
想像するのがとても難しかったけど、
先生に、何万回も骨を組み立てるとか、
骨のひとつひとつにすきま開けてとか、
骨を真っ直ぐに積んでとか、
骨の形状を変えて反るとか、
寄せて回すとか、言われてるうちに、
自分の身体の中にちゃんと
骸骨があるという認識が出来るようになった。

先生は生徒達の骸骨が見えてるんだろうな~(笑)

骨は真っ直ぐなのに筋肉で歪めてるとか、
ここの筋力が足りないからこう出来ないとか、
こっちが強いからとか、あっちが弱いからとか、
生徒が言い訳するよりも、
ちゃんと見えてるのかもしれない。

足りない筋力はお稽古で訓練して鍛えるしかないけど、
ちゃんと正しいことがわかって、
意識していかないとお稽古してるって言わないって言われて、
なんとなくやってる事は、
一生なんとなくで終わってしまうんだと思った。

注意しなくちゃいけないことや、
意識すべき事は山のようにあるけど、
自分に今一番何が必要かをちゃんと見極めて進んでいこう。
【 2007/06/04 (Mon) 】 バレエ | TB(-) | CM(8)
ドロシーさん すご~い!!
私も大腿骨感じてみたいわ。

先生は、たぶん生徒の骸骨や筋肉のつき方見えていますよね。
どんなに着込んでいても。(笑)
そして、先生の頭の中には ゆがみ修正のための手順書があるのかも?
「ここ」を直すためには、「ここ」だけ注意して直せば言い訳じゃないことも多いしね。
【 2007/06/05 】 編集
先生には丸見えなんでしょうね~。
身包みはがされて、骨だけになっているように思います(^^;
Y字バランスの時の修正なんて一発で
『こうじゃなくて、こう!』ってはまった時は
ふぇ~なんで分かるの?って思いますもの。
自分でも分かっていないのにね(A^^;
解剖学とか習いたい気分です。

【 2007/06/05 】 編集
umekoさん
アラセゴンの脚をインからアウトにしたときに、
大腿骨がくるりんって動いてるのがわかったの。
きっと同じ事をすればみんなわかるんだと思うけど、
今まで気にしたこと無かったから、
おお~と思ったのよ(笑)

筋肉や骨組は、自分の身体なのに、より先生の方が、
私のこと知ってるかも~。
結果で注意されることが多いけど、
原因が全然違う所だったりいろいろ難しいですね。
【 2007/06/05 】 編集
ぴっぴさん
先生に隠し事は無理ですね(笑)
ほんと先生って魔法の手を持ってるし、
指一本で直しちゃう(笑)

軸の修正も、1ミリ単位で言われたりするし、
そこでもいいんだけど、もう1ミリ外とか(笑)
ほんとに1ミリかどうかわからないけど、
気持ち修正するとおお~!って事いっぱいなの。
【 2007/06/05 】 編集
そうなんですよね~。
今日、軸足ルルベでグランロンデジャンした時に思いました。
軸足をルルベすると、引きあがっているおかげで、
大腿骨が綺麗に回る。
それが今日わかったところです。

1番通過も、5番に閉めるのも、
本当に大事なのに、どうしてもおろそかになってしまう。
アンシュヌマンの途中が雑になる。
アンシュヌマンってあくまでもパの組み合わせのはずなのに、
何故か違う足が入っている時がある。
「1番-5番」って私も唱えることにします。。。
【 2007/06/05 】 編集
pandaさん
ほんとは引き上がってないと出来ないことなのに、
私も平気でやってたりするんですよね。
いっぱい意識していかないといけませんね~。

ちなみに、今日の1番通過5番は、
アラベスクの脚を前に入れて、プリエクッペ。
何気なくやっちゃダメって言い聞かせて、
パのつなぎの部分を丁寧に踊れるように、
心がけてみました。

他にも、トンベパドブレとか、
唱える所いっぱいありました~(笑)
【 2007/06/06 】 編集
この動き、6番でも感じますよ。

これに気づいたのはあるお店の試着室の順番待ちの時。廊下の突き当たりに全身鏡があったんですね。
何気なく脚の外側に掛かり気味の体重を内側に寄せてみたら、大腿骨がクリッと動き......
ジーンズ姿の腰~お尻の大きさが全然違う!!
もう、ダイエットの宣伝の「使用前 - 使用後」という位に(^_^)

ジーンズ姿で鏡の正面に立って6番かそれを肩幅に開いた位で大腿骨を回してみてください。

普段からこういう立ち方をしなくちゃね、と思った一しゃんでした。 .... いつの間にか意識がなくなって元に戻って居るんですけれどもね。
【 2007/06/06 】 編集
杏麗流さん
わかる~!
うちの娘の普段の姿勢がまさにそれで、
時々真似してこんななってるよ~って教えてあげるの。
すごく迷惑そうな顔されるけど(笑)

まさに大腿骨はみ出てるのわかるよね。
これの使用後の身体をさらにさらに回して、
美しく変身しましょう~!!
【 2007/06/06 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。