071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いろいろわかるって楽しい

昨日からの続きで、
なんのために何をするかが、
いろいろ繋がってわかってきた。

今まで注意されてきた軸足側の脇を、
もっと立てるようにと言うのも、
真意がわかった感じ。

アンディオールしたいから
脇を落としちゃいけないし、
上半身が落ちてアンディオールは
絶対に出来ないって事なのよね。


  
二人組でサポートしながらのお稽古。
昨日、今日と組んだのは同じメイトさん。
私と同じタイプの身体だから、
すごく勉強になる。

同じタイプだから、
もっとこうしなくちゃいけないと言う、
注意点が一緒なのよね。

そして軸足が弱いのもすごく似てるし、
歪み方まで一緒だと思う。
柔らかい部分が似てるのよね。

昨日の続きで研究出来てすごくよかった。
そして先生も昨日の続きで、
いろいろやってくれたから、
すごく身のあるお稽古だったわ。

そして訓練すべき事は、
ロンデジャンプでどこに脚が行っても
揺るぎない軸を作る事って、
意見が一致(笑)

頑張ろう~。
【 2007/05/11 (Fri) 】 バレエ | TB(-) | CM(2)
脇を落とさない
私はY字バランスの時につながりました~。
上げた脚と反対側の脇は頑張るのですが
縮んでいる方は縮めるのでOKって思っていたんです。
でもそうじゃなかった・・・。
むしろ縮めるほうが肝心だったって感じ。
縮めるんじゃなくて持ち上げるでした・・・。

ブログに記録していくおかげで
色々理解が深まるし、同じ場面になった時に
『あ、これ前に書いたシーンだ』って思い出すんですよね。

少しずつ階段上がっているかな~って
最近特に感じるようになってきてうれしい私v(^^)v
そうなると好循環の始まりなのです~♪

【 2007/05/11 】 編集
ぴっぴさん
今まで耳だけでわかってたと言うか、
注意されるから意識してたというぐらいだったの。
ちゃんと正しいところでポジションを作ると、
脇が落ちる事も少なくなってきてたのよね。

それが、そこから一歩進んだのは、
脇が落ちないようにと言う、作業だったのが、
アンディオールして立ちたかったら、
もっと脇を立てなくちゃいけないとか、
もっと筋力いるとか、
もっとストレッチしなくちゃいけないとか、
今までやってたのが、
全然足りなかったのがわかったのよ~。

でもほんとこうして日記書いてると、
復習にもなるし、自分で少しずつ
階段上ってるのがわかって嬉しいよね。
そして、いろんなblogからヒントももらえるしね。
【 2007/05/11 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。