091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

基本忘れるべからず

上手くやろうとして小細工しても
技術はアップしない。
そんな事を感じた。

タンジュの練習をしてるんだから
タンジュをすればいい。
練習してる事を繋げるだけなのに
振り付けになるとどうしてこうも
違う事をしてしまうんだろう。

一つだけ取り出してやると出来る。
でも繋げると出来ない。
その理由は基本を忘れてるから。
バーでやってる事と違う事をしない。
習ってない事をしない。

もうほんとこれに尽きる。

バーでプリエの練習をしてるのに
振り付けではプリエになってない。

その脚はどこを通ってきた?
そのアムスは何をしている?
そんな問いかけが常に必要。
バレエだからバレエの法則バレエの所作で踊る。
ドンキは古典の踊りだから
絶対にちゃんとやって。と半ば切れ気味に言われた。

意識しないとすぐアンディオールを忘れるし
バレエ風に動いてしまう
他の踊りで身に付いてる事をやってるだけで
動ければいいというものじゃない。

フェッテは注意事項がどんどん増える(笑)
回ってる時のパッセが形だけになってる。
左の軸、脇とアムス
右パッセ、内股で張り合う。

パッセバランスが出来るのに
ピルエットが出来ないとき
同じパッセになってないって思って
最近は出来るようになったのに
フェッテのパッセがまたその
いいパッセになってない。

すぐ形を作る事に夢中になってしまうんだね。

もう一つ注意。
シソンヌのプリエは両脚(笑)
【 2014/09/20 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。