0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マンツーマン

いくらこうしなくちゃいけないとか
こうしようとかやるべき事が
言葉や身体でわかっていても
実際見て言ってくれる人がいないと
自分でダメな理由がわかるばかりで
どうすれば直るかというところに
たどり着かない。

フェッテ指令が出て1週間
気持ちの変化のめまぐるしさと言ったら(笑)
ムラのない回転軸を目指そう
とまで思えるようになった。

ああよかった(笑)
そしてゴットハンド先生に見てもらう
って言うかいきなり
はい回る人ひとりずつやってと(笑)

先生の教え方は
何がなんだかわからなくても
とりあえずやってそこからの修正。
やってからやり方を習う感じ。

タイミングだねと言うところで
顔の付け方の注意
アムスの注意
プリエからロンドからパッセから
結局全部(笑)

そしてわかったのは
何回か回ってるうちに腹筋の使い方が
床に寝て起きる時の腹筋になってしまう事。
5番のシュスでやってる時のように
腹筋が伸びるように使う事が出来ない。

これが一番のネックかもしれない。
そうなるとプリエでタックインしてしまうから
身体が固まってしまう。
軸がロンドの脚に巻けちゃう。

逆パターンの人は
プリエで出っ尻になるから
外腿でロンドさせちゃうって事になって
お尻が上がったインパッセになってしまう。
こっちタイプの人が多い。

とりあえず弱点がわかり
タイミングの悪さもわかり
練習あるのみと言う感じになった。

そしてバーにつかまってロンドしてパッセ。

これ、バーレッスンでやるけど
膝がバーにぶつかるのがいやで
いつもちゃんとやってないんだよね。
背の高い人あるある。

初めて真剣にやったから
案の定ひざあざだらけ(笑)
【 2014/09/17 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。