0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

骨と筋肉

骨はぶら下げるけど筋肉はぶら下げない。

バレエの奥深さを物語るひとこと。

脱力は必要だけどそれだけではないし
筋肉を動かさなかったら
踊れないもんね。

普通の人があまり使わない筋肉を
駆使してるんだよね。
だからバレリーナはバレリ-ナの体型をしてる。
最近かかとの所在がはっきりしてきて
もっと床を押してと言われてた理由がやっとわかった。
押してたけど押してる気分だけで押せてはいなかった。

かかとと叫ばれ
押してといわれても押す事が出来ない何かがある?
なぜ押す事が出来ないのか?
足首の自由度とか足の裏とか
すねの骨とか座骨とか立つ場所を探しながら
アンディオールと繋げて
回して繋がったのはやっぱりハム筋。

ここを伸ばさないとかかとで床は押せないと言う感じ。
アキレス腱も埋まってたんだなと思う。

先生にやっとかかとがわかったんですよ~と話したら
グッジョブって(笑)

ここからまた少し変われる予感。

普通の人(自分)と
バレリーナの違い。

そこが少しずつわかって
少しずつ変化して来てるのを感じてる。

プリマ先生は中身を変える所から
ゴットハンド先生は外側を変える所から
真逆の事を言われたりもするけど
向かってる場所は同じ。
同じ事を違う言葉で言われてるんだなと
輪郭がだんだん見えてきたところ。
【 2014/07/19 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。