0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジュッテは開脚じゃなく伸び

バレエにおいてのグランジュッテと
開脚のストレッチの違い。

床の上でスプリッツをするように
空中でも跳べたらいいのにって
ずっと思ってきたけど
やってる事が違うって事なんだなと
やっとわかった。

空中と同じ事を実は床でやってないから
出来ないわけで
形は同じだけど中身が全然違ってた。

最近ジュッテがグランバットマンと
繋がって来たからなのか
後ろの足を蹴り伸ばせるって感覚がある。

スプリッツは
床に対して開いているだけだから
蹴って伸ばす事もしないし
つま先方向の前後の伸びが全然足りない。

それをしようと思ったら
180度床に開くんじゃなくて
もっと甘い所でいいからちゃんと伸ばせるような
使い方をした方が未来は明るい気がする。

スプリッツで
ハム筋を伸ばす事だけが目的なら
それはそれでいいけど
ジュッテのためにやるなら
やっぱグランバットマンなんだろうなと思う。

横の開脚に至っては
最近意味を見いだせない。
上手い事ごまかすだけだから
目的がわからないんだよね。
出来るか出来ないかって事だけになってる気がする。

つけ根から伸びる。
前に90度、後ろに90度
これだけでいい。

歪んでたら跳べない。
【 2014/07/16 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。