091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

太股で操作する

バーロンデジャンプで出てくる
ドゥバンから
パッセ通過デリエール
アラベスクから
パッセ通過ドゥバン
この時意識するのは太股。

付け根とか膝とかつま先とか
アンディオールとか
いろいろあるけど
脚が上がらないとか
背中が硬いとか
骨盤がずれるとか
軸が振られるとかいろいろあるけど
まずは太股を動かす。
ロンデジャンプまで来たら
もう内股しか使ってない状態に
なってるはずなので
思い切って動かせってことなわけ。

アチチュードを通る事と
腿の角度を先に決まれば
後は脚を伸ばすだけ。

それが何たって難しいんだけど。

出来ない原因は
しっかり立ってようとしすぎて力が入ったり
脚を伸ばそうとしすぎて
背骨が伸びてなかったり
もう少し伸びやかにやってもいいのかな~。

メイトさんの背中を見てたら
ああ、この人もっと出来るのにって思ったから
先生はもっと見えてるんだろうな。

センターで後ろアチチュードから
パッセパッセで回るってやつ。

またしても正しさがわからないから
何となくそれっぽく曖昧。

どっち向いて何をするか自分でわからないから
何をしたいかもわからないし
これの基本は何?って考えてる所で
まとまらないまま過ぎてしまった。

こういうのホントもったいないと思う。

先生は私が何を悩んでるかなんて
思いもしないんだろうな
めちゃくちゃ間違ってたら言うんだけど
何となくそれっぽい事してるから。

誰にも聞けないまま
たぶんもうやらないから
また何年も過ぎる(笑)
【 2014/07/09 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。