091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゆっくり

前回とうって変わってゆっくりと
アンディオールを感じながらのバーレッスン。

ああホントこのくらいゆっくりの始まりだと
自分でやりたい事がわかるし
回してる事を感じる。

順番に迷いがないと
身体の事を感じる事に集中出来るから
身体がどんどん上がって
真っ直ぐになってるのもわかる。
だからといって
センターがいいかって言うと
そうでもないのが悩ましい(笑)

これが実力。

アンディオールの技術を使って踊ると
難しくて出来ない事ばかりだからね~。
出来てないと言う気づきが多すぎて(笑)


アンディオールのピルエットと
アンデダンのピルエット
ゆっくりのカウントなので
とにかくパッセの軸を真っ直ぐと言う所で
軸側の脇に重点。

先生がこんな感じって
ビフォーアフターで
脇を触らせてくれるんだけど
それは
普通の人→バレエダンサー
と言う変化だから脇だけのことじゃないんだよね。

首も頭も背骨も背中も腰も脚もアムスも何もかも全部整うから
脇だけ真似したって同じものにはならない。
そこわかってないと
脇のポケットだけ出来ても軸が出来るわけじゃない。

ただ出来ない理由のひとつで
脇が来てないから安定して立てるわけがないと言う部分で
軸が出来てる時は脇も出来ている。

とりあえず脇を作るために頭とアムスの位置重要。
ただ脇に固執してしまわないように。

グランワルツは手を腰で。
脇というか作った背中を壊さないように
ソッテグリッサードグランアッサンブレとか
シャッセからグランジュッテとか
アムスに振り回されないために腰に手は
ちょっと困ったけど
決め手は脚じゃなく腰の引き上げ。

アムスがいかに余計な動きをしてたかわかる。
みんなシンプルで綺麗。
背中を壊してアムスを動かしてたんだね。

アムスを使う時もこの背中で。
振り回されないように。
【 2014/07/04 (Fri) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。