091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロンデジャンプの横から後ろ

何万回注意されてもいまいちわからなかった
ここロンデの通り道の股関節。

結局無理をして回していたから
どこかに力が入って
自分で自分の首を絞めてた。

そんな感じ。

両足アンディオールして
その同じ状態のまま
するすると回せばいいだけのこと。
ものすごく当たり前なんだけど
足の出てる場所、前だったり横だったり
足の形状、タンジュだったりパッセだったり
とやってることはいろいろ違う。

ただ、足は曲げてるか伸ばしてるかしかないし
上げる場所は前か横か後ろしかないし回すもあるけど
上がってる足の高さはつま先の場所じゃなく
股関節の角度の違い。
そんな何万種類もあるわけじゃない。

どこにあってもどんな形でも
使ってる足の中身は同じ。

両方とも同じ足。
同じ足を、動かしてるか立ってるかの違い。
ポジションで立ってる時は
同じ事をしてるから同じ感覚だけど
片足を動かすと同じ感覚ではいられない。

常々フォンデュの足は同じ事してますって言われ
わかってるようなつもりでやってるけど
実際同じ感覚かって問いつめられると
そんな気がするっていうか
同じようにやってるから同じだと思います。
みたいな曖昧さがある。

軸足のアンディオールや内股の感覚が
動かしてる脚と
はっきり同じと言うことがわかってくれば
もっと床をしっかり捉えて立てる気がする。

【 2014/06/13 (Fri) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。