071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バーレッスンでも踊って

それは違うだろって
技術の問題はさておき
気持ちのあり方
音の聴き方。

何のための音なのかってこと。

一生懸命やりすぎて全然音が聞こえてないとか
どの音に合わせたらいいか読みとれないとか
気持ちはあっても筋肉が動いてくれないとか
人によって様々だけど
音に合わせて踊る事がバレエ。

そしてそれ
解決しようと思っていなくちゃダメ。

音に合わせて動くってことの基本は
たぶん小学生のラジオ体操。

音に合わせて動くのって
ものすごく気持ちがいいこと。

やりたくないとか
むずかしい~とか思ってやるだけで
気持ちよく動くって事が出来なくなる。
それはラジオ体操でも。

ラジオ体操やりたくない子とか絶対いたよね。
やりたくないオーラ満載の
私やらされてますって子。

それ早い音の時すぐ思っちゃう。
あ~無理って(笑)
出来ると思ってやりはじめても
途中で思ってたのと違う~って
どんどんやる気なくす(笑)

もしそれが本番だったら?
そんな気持ちが踊りに現れたら?
お客さんどうすんの?

自分はしないけどって思ってるけど
見えるんだよね。

ジュリエットになってとか
オデットになってとか
まさに気持ちの問題。

ジュリエットがそんなバーレッスンはしない。
最近思うのはセンターで踊ってる時だけ
うまくやろうとしたって無理だと。

そしてバレエは人に見せるもの。
自分で音を奏でるように
音楽を指揮しているように
もし音にはずれたミスタッチがあっても
引きずることなく演奏(踊る)
しなくちゃいけないんだから。

この前久しぶりにペアで踊って
すごく気持ちよかったのは
一緒に踊ったメイトさんの気持ちに
合わせられたから。

これをバーでもやったらって思う。
つま先に気持ちを込めて。
【 2014/04/26 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。