071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

美しいおばちゃんになる

最近若い人が増えてきたので
(ジュニアの子とか新人さんとか)
特にそう言う人たちに正しいことを見せられたらと思う。

やろうとしてることは絶対に見えるから
小さい事にもこだわりを持って
プリマ先生に習った事を活かせるように。

清く正しく美しいおばちゃんになりたいなと思う。

自分のやってることが綺麗だなって思えるように
踊りたいと思う。

まだまだ全然出来てないけど
そう言う気持ちって大事だと思う。

だって脚を高く上げるとか
うまく回れる競争をしてるわけじゃないから。

美しさを無視して上げてた時期もあったけど
それは他の踊りでやればいい。

何が何でもやれと言われれば
脚を上げられることは充分知ってる。
それがバレエのテクニックで出来るかどうかと言うこと。
踊ってる人を見て
綺麗だなって思える瞬間は誰にでもあって
背中だったりアムスだったり脚だったりするけど
それは正しく筋肉を使っているから。

プリマ先生は
全部が出来なくても
正しいことが出来たと思える瞬間が
10回に1回でもいいからあるようにと言う。
それがお稽古。

いい感じの時はやっぱり脚が回ってる感覚が
ハム筋にあって
それがだんだん邪魔なお肉の
存在を感じられるようになってくる。

最近それがセンターでも
目覚めてきてる感覚。
動いてるうちに絞られていくようなのは
今まであんまりなかったかも。
【 2014/04/23 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。