091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

骨盤の中心を締める

何万回も言われている
もっと腰上げての解説。

ここに書くと
先生まるで読んでいたかのように
答えに行き着く。

やっぱり
求めていれば与えられるんだね。

体験の方がいたので
バーがとてもシンプルでゆっくり
アンディオールに繋がるバー。

プリマ先生に習ったことを意識してやるけど
まだまだだわ~
出来ないって言う確認
みたいな感じ。

とは思うけどやりたいことが
さっぱりわからないまま終わってしまうより
全然まし。


バーで少しアンディオールの気配があり
その後だったので身体の反応も良かったんだと思う。

うつぶせで実験台
先生が仙腸関節の隙間を指して
ここを集めてと。

ここを広げたままにしてるから
脚がばらける(お尻が開く)。

そして出っ尻だと
うつぶせになった床と脚の付け根
の間に空間が出来るから背骨が縮んでいる。

骨盤を真っ直ぐにしてなくちゃいけない。
なるほど出っ尻だと集められない。

思うに
骨盤を開けば根本は集まるってわけで
ドアの開け閉めを
ドアノブで考えるか
ちょうつがいで考えるかみたいな違い。

腰を集める、仙腸関節を集める
腰を上げる、軸を絞る
真ん中に集める
ようするに
いろんな風に言われるけど
今まで響いた言葉で言えば
私は骨盤開いてと言うこと。
全部同じ事。

うつぶせで仙腸関節集めてと言われて
感じた身体の中は
背骨が伸びてアンディオールしてるってこと。

集まってるのはアンディオールの結果。

もっと腰上げて
もっと細くなって
脚を回せばいい。

うつぶせだと出来る気配がちょっと見えた。
立った時に行方不明にならないためには
上下関係がわかってなくちゃいけない。

どっぷり沈んで落ちていたら
感じるもの見えるものは少ないってこと。
【 2014/04/16 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。