091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エカルテの軸

エカルテに脚をディベロッペで上げて
シャッセに繋がるパ。

軸が流れてるからとお直し。

そうだ、ここに立たないから
脚を上げるのが中途半端になる。

久しぶりにやると
すぐ忘れるんだから
なんて頭悪いんだろう。

動きの中の通過点だけどしっかり軸で立つ。
これが身体に染みこませないといけない部分。
アラベスク前のアムス
脇を下げてもっと締めてと言われる。

前に行きすぎ?かなと思って
思わずアムスを引いて正しい場所を探したんだけど
そうじゃないって
ドロシーがやったのはこう。
やってほしいのはこれ。

先生がこうって触らせてくれて
よし、と思ってやったけど
あれ?出来ない?
と言われてしまった。

なんだろやったんだけど・・・(笑)

イメージとしては
長座して身体の横に手をついて
身体を持ち上げる時の脇。

こう言うところが
微妙に身体を使えてない部分。

脇の使い方もう少し考えた方がいいのかも。
アンナバンの時使えてる気はするんだけど
前のアムスで肘が下になった時
行方不明になってるかも。

そしてアラベスクの脚
プリエの時にこの曲げられてる脚は
伸びるとアラベスクになるのよって
イメージが足りない気がした。

プリエの時にプリエを考えてるけど
プリエしか考えてない。
いやそれはそうなんだけど
そのプリエから膝が伸びかかとが浮き
指で蹴って伸びると言うことを
後ろにあって見えてないから
全然自分の中でイメージできてない。

股関節から切り離された脚になって
伸ばされているかどうか。

基礎クラスでプリマ先生が
シュスしかやらせてくれないんだけど
その意味がちょっとわかった。

プリエからアンディオールして伸びる脚の練習
これが出来てないのに
ピケで床を蹴れるわけがない。

伸ばしてるか曲げてるしかない。

このセリフの深い意味。
わかってるようでわかってなかった。
【 2014/04/02 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。