041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かかとと小指の関係

ハム筋とかかとのラインが繋がって
床をかかとで押してる感覚がわかりはじめ
ドゥミポアントからポアントになる時
もしくはポアントからドゥミポアントになる時に
かかとを押し出す事が出来るようになってきた。

プリマ先生が前タンジュの時
床に着いているのは親指だけって言うんだけど
それが足首の柔らかさじゃなく
アンディオールでわかった。

かかとと小指の関係が
やっとはっきりした感じ。

床があるうちは
床の力を使うことも重要。
本当に足の裏をめいっぱい伸ばさないと
いや、足の裏だけじゃなく
ハム筋も全部伸ばさなくちゃ
つま先は伸ばせないと感じた。

同じような形は今までもしてたけど
中身が全然違う。
脚のラインが絶対に変わってくる予感がする。

そのくらい使ってる筋肉が違うと言うか
足の裏の筋肉を使う順番が違うって言う感じ
なんて言うかのびのびしててやわらかい。

しつこいくらいに言われ続け
この意識を目覚めさせるために
指を折ってドゥミを通ることは本当に大事。

当たり前だけど指を使わないで着地は
バレエでは危険すぎる。

着地の時足の裏の関節を全部使って
やわらかく使うためには
ここの訓練をちゃんとしなくちゃダメなんだと思う。

フレックスからポアントになる時
途中でかかとが押せなくなって
どうしたらいいのかわからなかったけど
小指とかかとが繋がったから
ここを極めていけばいい。

タンジュの時にかかとは
床をこすって出してぎりぎりまで離れないとか
ドゥミプリエからグランプリエになる瞬間
もっとかかとで床を押して
土踏まずが伸びるのを待ってから
かかとが仕方なく離れるとか
言われてた注意がやっと繋がった。

つま先を伸ばすために
かかとの意識は必要不可欠なこと。

足の裏を自由に使いこなす。
これ今年の目標。
【 2014/02/08 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。