041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二の腕の中を伸ばす

背中で拍手。
肘を曲げないで二の腕を使う。

右肩が四十肩で
手を後ろで組めないから
無理だろうなと思ったら
なんと言うことでしょう
出来たの~。

勢いが着くし
余計な力が抜けて出来るんだね。

元々肩関節も軟らかいから
得意なんだけど
でも右はあまり動かないで打つから
左手ばかりつらい。
先生がちょっと回してくれたんだけど
やっぱり肩に力を入れると痛い。
でも動かすって大事。
動かしてないと絶対に固まるって思う。

ああ~それにしても
早く元通りになってほしい。

そして
アラベスクの時の前の手の二の腕。
アンナバンから肘を返す時
二の腕の支えが何とはなしになくなる。

すべてにおいて中身を繋げておけないから
結局外の動きに崩されるんだと思う。
そして肩が上がるとか
脇が落ちるとか
腕が身体の外にはずれるとか
いろいろな事態が起こる。

これハム筋と同じ使い方なんじゃないかと思う。
ちゃんと使えたら
たるむとは無縁になるはず。

意識するところは
肩胛骨もそうだけど胸骨とか
鎖骨とかこの辺りのあるべきラインを
イメージしておくと
肩から腕、脇、胸のデコルテが整う。

そして二の腕の中をもっと伸ばす。
中が伸びるとアムスは美しい。

何となく形だけ出来ちゃってる気になるけど
もっともっとちゃんと意識して
やらないともったいない部分。
【 2014/01/25 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。