091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アラベスクの謎

意識ポイントと
どうするべきかと言うのが
はっきり見えてきた。

はずれているから真後ろに出せと言う先生と
あなたはまだ真後ろには出せないから
余計な小細工をするなと言う先生との
二方向のせめぎ合いで
自分でどうしたらいいかわからなかったけど
折り合いがついた。

アンディオールが技術。

そこをクリアしないと
何をやっても振り出しに戻される。

タンジュでどこまでわかっているか
ここがやはりスタート。
タンジュはけっこう褒められて
いいですよと言われるんだけど
それは先生に操られている感じで
自分の意識はほとんどなく
先生のアドバイスと注意を守ってやってるから
いいですよと言われるだけの話。

可愛いから撫でてごらんと言われて撫でるのと
可愛いと思って撫でるのとでは
やってることは同じでも違うように。

もっと脚に感情を込めてというのは
そう言う部分に目が向けられてきた証拠でもあるし
そう言う思いで動かせるようにしなさいと言うこと。

そして実際にどうあるべきか
脚をどうやって操作するか。

お尻と脚を切り離して
股関節に隙間を作って回す。

ここまではわかっているけど
その先
これをいろいろな方向に動かす事が
課題だったわけで
前はいいけど横が迷子
後ろはどこの意識で動かしてるか
考えれば考えるほどわからなくなる。

そんな状態が何年も続き
やってるうちに出来るようになる
なんて奇跡が起こるわけもなく。

でも深く探求していたからこそ
ちゃんと答えに巡り会う。

座骨から伸びてる筋肉が
初めて土踏まずにきちっと繋がった。
意識していたから繋がってることは
感じていたけど
本当にジョイントがはまったと言う感じ。

ここに繋がったら
アラベスクも同じ場所を使えばいい。
って言うかはまってなかったから
ちゃんと使えなかったんだと思う。

ずっとアラベスクの邪魔をしてた
お尻の筋肉が初めて起動しなかった。

背中が硬いからアラベスクが出来ない
そう本人が思ってるメイトさんが
先生のお直しで脚を持ってもらってだけど
とても美しいアラベスクになったのを見た時
ようは脚の使い方なんだってことが
はっきりわかった。

それを自力で
持ってもらわずにどうすればいいか
単純な話脚だけ上げるってこと。

タンジュの延長線に初めてたどり着いた。

実際どこでどうやってタンジュになってるか
わかっていなければ出来ないし
正しく使ってなければ出来ない。

わからなければ先生の言うとおり
もっと伸ばしてと言われることを
わかるまで続けるしかない。
伸ばした先に脚が上がる事がついてくる。

タンジュの時
座骨と土踏まずが繋がることを
はっきり感じるようにしておけば
そこから先は迷うことはない。

使ってる筋肉の感じるラインは
思ってるより細い。

ここがわかったら
バレエが断然楽しくなる。
【 2014/01/12 (Sun) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。