071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

前屈の種類

ヨガの入門?らしいのだけど
いいことを聞いた。

正座して前屈
長座で前屈
左右開脚で前屈
前後開脚で前屈
立って前屈
足幅を変えて前屈
ここら辺がスタートの基本のよう。

これ、順番にやってくと
苦手なところとほぐれるところが
はっきりわかっておもしろい。

前屈して
腰を伸ばしたいなと思うけど
いきなり難しいところから初めても
無理なのがわかる。
私はなんたって
前屈すると股関節が詰まる。
足を上げる時も同じ症状が起こる。

だから上半身を思い切り
引き上げたところからやらないと
どこも気持ちよくないし
どこの何のためにやってるか謎になる。

レッスンしてて慣れてくると
とりあえず儀式になるから
出来るか出来ないかの問題として
やってしまうから
たぶんどこのためにもならない。

ちょっと苦しいところでとか言うけど
やっぱ苦しいのはだめだ。

気持ちいいところで
楽しいストレッチ(笑)

そして、
これの目的は
お尻と足を離すこと。

年末にプリマ先生のお直しで
お尻の中の脚の始まりが
はっきりわかって
脚を回すとお尻の中で
股関節がどうなってるか
体感出来るようになってきた。

かえるをした時にお尻の中で
骨が動く感じ。

いつもこうなってるものをこうする。
と骸骨の模型の骨を回すイメージで
足を開いているけど
お尻の中がわかるまで長かった~(笑)

ずっと迷子になっていた
アラセゴンの手がかりがつかめた気がする。
【 2014/01/11 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。