0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

軸の体感

アチチュードのターンで
回転軸のサポートを先生がしてくれて
腹筋で回るという感じ。

あのピルエットで男性が回す変形
両ウエストを回すと言うより
おへその上の腹筋と腰を意識する
と言う感覚の方が
裏表になるのでわかりやすい。
厳密に言うと脚が上がってるから
脚がぶつかって回せないけど
ここで回ると言うかここが回ると言うか
コマのように回されてる感覚はすごくあった。
自分で回る時は
意識しすぎても崩れるけど
腹筋で軸を保ってる。

あばら閉じてとか
反ってると言う注意をされるんだけど
ここをしっかり使っていればいいだけで
あばらは自由に動く。

引き上げる時に
どうしても上の方を意識して
うわずってしまうけど
おへそのすぐ上の腹筋は
ちょっと未開発な感じで
今までみぞおちと言われたり
胃の裏の腹筋と意識してきた場所より
ちょっとだけ下。

私はここが弱いかもしれない。
表面的なことではなく中身ね。

軸側の脇とアムスそこに腹筋が
ちゃんと繋がっていると
連動して軸で立っていると言う感覚がわかるし
そこから伸びて身体を解放出来ないと
立ってはいるけど軸で立ってないなと言うのがわかる。

常に床から垂直に立つ
立っている実感をつかむ。
これが必要。
【 2013/11/23 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。