0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

湿気との闘い

もうこちら北の国は夏も終わりつつあり
着るものが一番困る季節。
雨が降ると
寒いんだか暑いんだかよくわからない(笑)

お稽古は床の湿気がすごくて
摩擦ありすぎ(笑)
バレエシューズがよれるので
脚もねじれそうになる。

湿気だからしょうがないけど
いろいろ出来ないと
何かに八つ当たりしたくなる。

自分の軸が弱いだけなんだよね。
かなしい・・・
アチチュードのターン
一回転半は摩擦でエネルギー切れみたいな回り方。
でもアチチュードの形を崩さなければ
それっぽく出来てる風(笑)

出来ないからって出来ないアピールはいらないから
あきらめてそれっぽく(笑)
超悔しい~。

ピルエットも床の状態に翻弄されつつやったけど
ちょっと悔しい。

全体注意で
4番プリエでもっと7:3位の割合で
前に乗ってていいと言われる。

これ、プリマ先生にも
本当はダメだけどもっと前に乗ってと
言われたことがある。

どうしても真ん中に乗ろうとして
後ろに行っちゃう人が多いから。
そして回ると軸に乗り切れない人が多いから。

でも、ちゃんと真ん中に乗れる人は
前の意識はいいんじゃないかって気がする。
アンディオール出来てくるとこういう
小細工はもうしない方がいい気がする。

って言うかちゃんとアンディオールした
4番プリエが出来たらいいだけの話。


アラセゴンのいろいろ
ディベロッペでもっと高く脚を上げろと(笑)
いやーこれが際どい。

先生に上げられたけど
軸がねじれるのでそこには自力では無理。

5番のプリエから
アラセゴンのデガジェ
考えすぎて安定を求めるとダメ。
伸びきれない。
無になって立つって所。

アラセゴンが一番難しい。
【 2013/09/04 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。