071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

上げたお尻を落とさない

骨で考える。

足が太いとかお腹がぽっこりしてるとか
そんなことはもういい。

骨がどうなってるか。
背骨は?
肩胛骨は?
股関節は?
大腿骨は?
等々。

自分の骨レントゲンで撮ったら
ちゃんと5番になってますか?

これを言われたら
何の言い訳も通じない。
やるしかない。

上げたお尻の中身。
骨盤と大腿骨の関係。
骨の一番上が重なってます。
プリマ先生に骨を回された。
と言うか大腿骨をもっと中にと言う感じ。
そして離すから寄るイメージ。

片足の時立ってる場所が悪いから
お尻を上げられない。

先生の物まねは誰のことを指してるか
すぐわかるんだけど
されてる本人がわかってるとは限らないから
難しいよね。

座骨と大腿骨の居場所がわかってきてるから
そこを地味に極めていくのがやっぱり大事だなと思う。
つまりプリエとタンジュ。
じゃないと世界中のダンサーが
バーレッスンをする意味が薄くなるもの。

アンディオールが感じられるレッスン。
これをやらないと。
わかった!と思ったらなくなる。
探す。見つける。そんな繰り返し。
まだわからなくてもいいです。
意識していれば必ずわかる日が来ますと
まだわかってない新人に熱弁。

アラセゴンタンジュで横にリンバリング
土踏まずが久しぶりに攣る。
これホント自分の身体ながらどうにかしてほしい。

で、自分の真横が少しわかってきた。
なんせ伸びてないと意味不明になる。


悲しいかな
センターは無し。
【 2013/08/24 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。