0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

後ろの谷折り

アラベスク
お尻の力はいらない。
股関節の角度を変えるだけ。

どこから折るのかと言う
身体の感覚が曖昧だから
出来てるんだか出来てないんだか
自分でよくわからなくなるんだと思う。

ここから脚という境目をはっきりさせるべく
メイトさんに手伝ってもらう。

これが谷折りだよね。
と言うところがわかってはじめて
次のスタートに立てる。
最近の先生の注意は軸足。
後ろに限らず
片足になる時もっと床を押して
上に行かないとだめ。

先生の注意で何をすべきかわかっているから
結局アンディオール出来てないことに行き着く。

メイトさんそれぞれに
注意されてることは違うけど
やらなくちゃいけないことは
アンディオールだけ。

アンディオールしてないから
お尻で上げちゃったり
外腿使ったり
膝の裏がゆるんだり
肩が上がったり
軸足に乗っかったり
後ろに下がったり
落ちたり
様々なことが起きる。

何を言われても
今私がやらなくちゃいけないことは
立つべき場所に立つと言うこと。
そこに立っていれば
アンディオール出来るから
身体が落ちたりしない。
【 2013/08/07 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。