1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

全ては5番から始まる

5番ポジション
もっと太もも重ねて。
もっと上から重ねて。
もっと右足と左足をクロスさせて。
いつまでも甘いところでやってるんじゃない
そんなんじゃ1番と変わらないじゃん。

やらないといつまで経っても
やれないんだから。

いろいろ正しく整ってきたところで
ひとつ上の注意。

今までなら
まだ5番ポジションで重ねられないから
形だけの5番になるより3番ポジションでもいいよ。
だったから
5番ポジションのチャレンジ券を取得と言う感じ(笑) 
そしてその厳しいところに
どうやって持っていくか
ちょっとだけわかった。

簡単に言うと
もっと引き上げて回す。
と言うこと。

脚の重なる部分の太腿が
そこじゃないだろうって違和感も
先生が重なってる太腿を
一本にするだけと言う言葉で解決。
高いところから重なってるという感じ。

膝の裏を伸ばすと離れる
ふくらはぎの密着感も
もっと引き上げてぐいっと回して
厳しいところでやらないから
いろいろな問題が起きると言う感じ。

現状維持から回し続ける
現在進行形に進んでいくためには
どんどん身体を上げていくんだけど
この厳しいところでやるのは
まさに自分との闘い。

もっとつま先が外に開かないと
5番ポジションになれないんだけど
試しにやってみると
力任せにつま先だけ開いて
似たことをやってた時と全然違う。

ちゃんと脚の付け根が連動していて
つま先を外に向けると言うより
かかとを押し出すから外向きになると言う感じ。

プリマ先生が今は出来ないけど
練習すれば出来るようになります
と言ってくれたんだけど
正しい道にいる事がわかる。

努力の方向が見えないことも
結局はポジションを見失ってることなわけで
迷ったら5番、もしくは1番で自分を見つめる。

はじまりは5番。
【 2013/07/13 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。