0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アラベスクの軸

右の軸はいいけど左がダメ。
自分でもそう思う。

どこが違うか?
左軸のアンディオールがいまいちだから。

それは何故?
右と同じ事が何故出来ない?
いろいろなことが考えられるんだけど
わかった。

もっと高い位置にいなくちゃいけない。
もっと上に伸びていなくちゃいけない。

5番のシュスで思いきり高いところに行って
そこからパッセに抜いてアラベスク。

今まで以上に上に行ったら
軸がパッセの脚にとられないように
なんて考えなくても
ちゃんと軸足のアンディオールを保てた。

ここが足りなかったんだ。

軸足の股関節にちゃんと隙間を作って
伸ばしてあげたら
動かしてる脚に軸がとられるから気を付ける
なんてことを気にしなくてもいい。

だって
両足とも同じ力でアンディオールしてるんだもの。

軸がゆるんでるつもりはなくても
片足になる分もっと意識して
充分伸ばして隙間を作る事をやらなくちゃいけない。

両足から片足になる時
軸に乗っかってアンデダンしてしまう事を
そう簡単に克服することは出来ないから
やっぱり片足になる時ここが一番の注意どころ。

【 2013/06/15 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。