0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ピルエットの絞り

4番プリエでもっと絞って。
と言われていたことが
やっと感覚としてつかめた。

もっと絞ってと言われても
結局アンディオールが出来てなかったから
4番プリエでねじれるだけだったんだと思う。

上半身を絞ることによって
さらにアンディオール出来る感じで
安定感が倍増した。

でも、軸足の安定感は増したけど
パッセの足がいかん。
自分に変な床を蹴る癖があるのを発見。

きっと床を蹴る勢いのみで回ってたんだね。
それが軸にはまる時は
トリプルも回る勢いだったんだけど
今はそれが邪魔。
これが今までの一か八かの原因だという気がする。

だって軸足はプリエからアップするだけでいいんだもの
それにちょっと回転の遠心力を加えるだけ。

先生がいつもやってる
パッセバランスをやればいいだけって言う意味が
ホントだ~ってやっとわかった(笑)

でも、バーで5番ポジションから
軸を伝ってパッセになるのは通り道わかるけど
4番からの通り道ってやったことない気がする。
あれっ?ある?
何となくしかやってないってこの事(笑)

4番のピルエットが難しいのはこういう事かも。

でもでも、いい時の軸をずっと探して
いつもここで出来たらいいのにと言う軸を
一か八かじゃなくどうやって作るのか課題だったけど
やっと少し土台が見えてきた。
【 2013/05/20 (Mon) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。