0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

叫ばれる軸

いろいろわかってきたところで
アンディオールを習得するのは
コツコツと積み重ねるしかないので
時間がかかるのを承知の上
基礎クラスでストイックに頑張るしかない。

プリマ先生のクラスで身体を整え
ちょっとずつ筋肉を目覚めさせ
育て、自分のものにしていく。
100回に一回しか感じられなかった部分を
100回に二回、三回と
確かなものにしていく。

そこと平行してのお稽古が
ゴットハンド先生の
めっちゃ難しいパ応用編。
ああ~凹む~。

北海道弁で言うなら
「なまら難しい」って感じ(笑)

そしてこの日のお稽古のテーマは
もちろん軸。

前回のお稽古で脚が一本になって
吸い付くような軸を
ちょっとだけ再現出来て
自分の中で万歳三唱
やったーやったーやったー忘れてない~!!みたいな(笑)

お稽古中何度も
その軸で~!
さっきの軸忘れてるよ~!
軸見せて~!
と叫ばれはしたもののけっこういい感じ。

ただ先生には
私に励まされてやるんじゃなくて
先生見て見て私やるよ!
みたいな気持ちが欲しいって。

ああホント、
いつも本番に挑む気持ちでやらなくちゃね。
何となくやったって
上手くはならない。

ただ、パが気を付けポイントが
山ほどあって難しいのよ(笑)

今やってるのは
たとえばオーロラのVaで見る
シャッセからストゥニューしてエカルテのあれ(笑)

でも軸をメインに気を付けると
いろんな所が繋がっていく気がした。
【 2013/04/17 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。