071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いろいろわかってきたのは

今まで言われてた注意は全て
アンディオールが出来てないために
起きていると言うこと。

引き上げるとか
固めないで伸びるとか
つま先伸ばすとか
外腿使わないとか
足が内股にはいるとか
アンディオールがほどけるとか
一般的な注意。

アンディオールしてたら
カマ足とかつま先伸びないとか膝がゆるむとか
ほどけるなんて事は
そもそも起きないと言う気がする。

この振りの時は出来るけど
こっちの振りの時は出来ないとか
出来てるって勘違いも甚だしいと言うか。
でも実際はそう思ってしまうんだけど。

何でもかんでも
アンディオールのせいにするなと
怒鳴られたこともあるけど
アンディオールの根本がわかってくると
やはりそこを突き詰めていくしかない感じ。
バレリーナはどんな動きをしたってバレリーナなのは
アンディオールしてる身体で動いているからで
それ以上の答えはない。

ただアンディオールしなくたって
偽物だって、バレエっぽい事は出来るし
ちょっと慣れてくれば
バレエの振り付けで踊れるわけで
何か違うけどそこそこ出来る人というのは存在する。

実際自分がどんなに
アンディオールが出来てなかろうと
変な姿になろうと
誰かに何を言われようともバレエは踊りたい。

アンディオールを習得するのを待ってたら
いつになるかわからないわけだし
大人は(笑)

まあ、わかったからと言って
すぐに踊れるようになるわけではないから
(そこがバレエだしそこに近づきたい思いを)
どう折り合いを付けるかは自分が選ぶしかない。

アンディオールを知らずに
そこそこ踊れる勘違いの楽しく踊る世界から
バレエに近づきたいと思い
いろいろ研究してたけど
自分の身体で感じる新しい感覚が
アンディオールに繋がって来るのが
とても充実していて本当に楽しい。

わかったからおしまいじゃないく
まだまだ続くのがバレエ。

バレエの振りを
アンディオールして踊って欲しい。
それが先生の望み。

私達も。
【 2013/04/15 (Mon) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。