071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

先生の導き

5番ポジションで
筋肉をこのようにして使います。
と言って全員をお直し。

アンディオールして踊ることは
とても難しいけれど
アンディオール出来ない人はいません。

と言うとおり、みんなみるみる綺麗になっていく。

ここを使います。
ここは使いません。
ここがもっと伸びてくっつきます。

いつも膝で開かないとか
外腿使って回さないとか
形だけでやらないとか
たくさん言われてる注意を
正しく行うと
全員同じ雰囲気で立っていると言う感じ。
その形になろうとするのではなく
同じ筋肉を使うと言うことで
同じ見た目になると言うことなんだと
改めて感じた。

中身が同じなら
入ってる器は人それぞれでもいいわけで
背の高い人低い人
細い人太い人、手足の長さ
骨格体型はみんな違う。
でも同じになれる。

それぞれにみんな
先生の導きで正しく立つことが出来て
感じた部分もそれぞれだろうけど
また新しい感覚。

座骨が寄るわけがないんだけど
そんな感覚。
座骨がひとつになる感じ。

実際にどこが動くのかわかった。
先生が内臓の中にしまう感じって表現をしたけど
脚が一本になるために
脚の着いてる場所を変える(ここがアンディオール)
その着いてる場所が具体的にわかった。

骨の着いてる場所を変えるって
何万回も言われてきたけど
その骨を繋いでるのは
本当に小さくて指くらいの太さのものを
座骨のしたに押し込めるような感じ。

回ってることの実感とは全く違うもので
本当に細いから外に力が入っていたら
絶対にわからない。

おにぎりの中に入ってる
梅干しの種を動かすような繊細さ(笑)

これがちゃんとあるべき場所にはまったら
あとは何でもありって気がする。

近くに寄せるところまではわかっても
このはまった感じは
先生の注意を全てクリアに出来ないと
行き着けない。

アンディオールして回すことが
どういう事かわかって
次にするのはアンディオールした脚が
どこにどうなるか
どうしなくちゃいけないかと言うこと。

これが出来たら
片足の軸が最強になる。
【 2013/04/13 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。