0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ディベロッペ

パッセからもっと上に腿を上げたら
膝から下を伸ばす。
いつももっと出来そうって思うんだけどと
先生に言われる。

そうさね、ストレッチでとりあえず
I字まで持っていけたりするんだから。

柔軟性と脚を上げる筋肉のバランス。
立ってる筋力が足りない。
柔軟性もあるんだかないんだか・・・
さっぱり活かせてない。

90度より上は
上げた脚を下ろさないことは出来ても
そこに脚を上げることが自力で出来ない。

90度より上の角度になかなか持っていけない。
何かが違う。

床で寝てディベロッペ。
脚に記憶させる。
上げる脚はあまりよけいなことを考えない。
力はいらない。

じゃあどこの力が必要か。
軸。
立ってる足のアンディオールは当然だけど
脇とか腰がぶれない事。
ここでもアムスが助けてくれている。

寝ていても腰や脇の軸を決めると
股関節からパキッとたたんで上げられる。

どこから攻めて行くか微妙だけど
とりあえず脚をたくさん上げて軸を鍛えるか
きちんとした軸をまず作って
脚を上げることはあとにするか。

結局脚を上げなくちゃ軸の力がどれだけ足りないか
なかなか気付きにくくて
先生は脚をもっと上げろって言うんだなと。

ただ頑張るところを間違うと
変な癖が付いてやりやすいように
身体がおかしな変換をするから
先生の注意を見逃さないようにしなくちゃいけない。

外腿で上げるなとか
脚を持ち上げるなと言われるあまり
そうしないことに一生懸命で
どうするかと言うことに至ってなかった。

やっぱりちゃんと立ってない。
出来る場所に立ってない。
脚を上げるには床を押すエネルギーがないと
足元すくわれる。
【 2013/04/05 (Fri) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。