0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

全身をバネにする

ジャンプ。
ちょっとわかったかも。

それだけの脚力があったら
もっと跳べるはず。
と、イヤミ半分に言われたけど
そうだよそうなんだよ(笑)

正しいことをやろうとして
跳べないって感じ。

形を綺麗にしようとして跳べないとか
注意事項ありすぎで全部注意しようとしてるから跳べないとか
その前のプリエがもうすでにダメとか
いろんな事が起きてるわけなんだけど
ちょっとしたひらめきが。

よく聞く言葉で跳んでる人の表現
「全身がバネのようだ」ってあるんだけど
まさにそれをするって事。

床から離れる瞬間をバネをイメージしてみる。
これを身体でやる。

先生がメイトさんに
もっと腹筋伸ばして跳んでと言ったのがきっかけ。

頭をもっと突き上げてとか
床をもっと蹴ってとか言われても
結局注意された部分しかやってないから
全身を使えてないって事のような気がする。

上から順番に伸びて行くのだから
全身が伸びる(これがバネ)
腹筋使って跳ぶと言われるけど
どうやって?って事が
ちゃんと身体でわかってなかった。

腹筋を使ってと言うより
もう使えてるんだから
もっと伸びるって考えると
空中に行く分引き上がって
股関節に隙間が出来
アンディオールされてつま先も伸びる。

もう跳ぶの楽しくって大好きになる(笑)

今まで脚力で跳んでたから
そりゃ重いし辛いし苦しいし
そのわりに跳べないって事になってた。

腹筋の伸び。
これ足りなかった。
【 2013/03/23 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。