0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Y字じゃなくてI字

ずいぶん調子が良くなって
ゴットハンド先生が容赦ない(笑)

ディベロッペの時
もっと脚を上げてと言われる。

それぞれに注意事項は違うのだけど
骨盤をやりやすいように傾けて
外腿の力を使って上げることを練習しても
正しく上げるやり方ではないから
もっと上げられるようになるとか
もっと綺麗に脚を上げられるようになるとかの
進歩は望めない。

経験上何が何でも上げなくちゃとか
ここに上げるのが正解とばかりに
上げた脚の存在しか考えてないと
結局そこ止まりでなんにも進化しないと言うのは
火を見るより明らかだから
実力(筋力柔軟性全て)をそろえながら
ゆっくりやってくしかない。
外腿で上げるともちろん苦しいし絶対にキープ出来ないし
軸足の膝はゆるんで伸びないし
なんたって美しくないから
何を練習してるんだかわからなくなる。

でもみんなあんまりにも上げないから
(上げられないんだけど)
先生が手伝ってくれた。

先生が脚を持って上げてくれると
Y字どころじゃないI字(笑)
誰かがすごい真っ直ぐ~ってどよめいてたけど
そうなんだよね。

持ってもらうとおお~って感じで
自分でもすごくないか?って思う(笑)

でもキープ出来ない。
そこが筋力がないって言われるゆえん。

そう言えばこのキープの時の
上げた脚が股関節が詰まって刺さり込む感じはない。

いやそんなことより
何故キープ出来ないかって事。

結局脚を股関節から離してアンディオールし続ける事を
脚を上げた角度でやる筋力不足。
空中に脚があるって大変なこと。

脚の高さは課題でもあるけど
プリマ先生のクラスでは脚の上げる高さより
ラインの美しさの方を求められるし
そこを順番にクリアしていけば
いつか脚は高く上げられる。
【 2013/03/20 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。