071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もっと回せばいいんじゃない?

ずいぶん膝の調子も良くなって
動けるようになってきたのは
自分でもわかるけど
先生も手に取るようにわかるんだろうな。

で、バーでのお直しが徐々に始まってる。
もっとここでと触られたり
横に並んでお手本してくれたりとか。
アイコンタクト主でさらっと通り過ぎていく。


いろいろ言われてることを
注意してやってるんだけど
また真逆の注意。
難しいね身体の使い方。

でもそこで、最終的に言われたのが、
ドロシーさんはもっと回せばいいんじゃない?って。

あれこれああしようこうしよう考えて
頭使って部品を動かすことをすると
そこしか動かないんだけど
回そうとすると
全てが連動するのがわかる。

引き上げるの
締めるの
内もも使うの言われるけど

回したの?

ここが一番大事。
これをやらないから
引き上がらないし
絞れないし
内もも無反応になってしまう。

で、回ってないのに
回してるように装う。

今日ダメだって思う部分が間違ってた。
上がらないんじゃなくて
回せてないって事。
絞れてないんじゃなく
回せてないって事。
内もも使えないんじゃなくて
回してないから外で動かしてしまう。

どうして回せてないのか
そこを探す。

ちゃんと立っているか、
ストレッチされてほぐれているか
等々。

大事なこと忘れない。

【 2013/03/02 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。