071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

両足でアンディオールしている

すごく当たり前なんだけど
本当に出来てない。
アンディオールしている方向と逆方向に進む
と言う技術の難しさよ。

たとえば方向を変えながらのグリッサード
たとえば方向を変えるピケのパッセ
たとえばピルエット
たとえばストゥニュー。

基礎クラスでパッセのプロムナードを
時々やるんだけど
この軸がここに繋がってるんだなと実感。
夜のクラスはこの方向転換が
随所に出てくる。
超超超超難しい。

脚がねじれることに敏感だから
今までやってるような組み立て方だと
出来る気がしない。

じゃあどうすれば出来るかと考えながら動くと
順番を忘れる(笑)

基本的な事
これが考えなくても出来るようになるためには
まだまだ訓練が必要だし
バレエをやってる限りつづくって所よね。

真っ直ぐプリエするとか
方向を変えてから動くとか
軸のアンディオールがアンデダンしないようにとか
今何をすべきかと、
自分でやらなくちゃいけないことを
いろいろ考えてるうちに
いつも先生に言われてた注意を思い出した。

もっと絞ってとか
出してる足に引っ張られないとか
アムスの使い方とか
軸に乗っからないとか
お尻引かないとか、いろいろいろいろ。

結局やっちゃいけないことをやると
アンディオールが出来ずにねじれるよって事なんだな~と。
ねじれる脚をねじれないようにするのが精一杯で
すごく難しかった。

だんだん難しさの種類が変わってきた。

アンディオールし続けながら移動する事が
めちゃくっちゃ難しいのだわ。
【 2013/02/13 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。