071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1番ポジション通過

後ろの脚が前に行く時、
前の脚が後ろに行く時、
絶対に(たいていの場合)通らなくちゃいけないのが1番ポジション。

アテールだろうがルルベだろうが
空中だろうが通過しないで通り過ぎることは出来ない。

アンディオールがわかっていても
1番ポジションを
両足を合わせた足の形のポジションで思っていると
迷わなくていいところで迷うし
この両足を合わせた部分だけを
均等に完璧にやろうと小細工する。

1番ポジションはつま先の開いた形ではなく
回した足の股関節の角度が真下にあるって事。
通勤の時、
地下のコンコースを歩きながら
(障害物もなく平らなので)
アンディオールしてみると
あれ、私無意識に1番通過してるんじゃない?
内腿こすれて歩けてるんじゃない?
1番通過1番通過1番1番って唱えなくても
自然に出来てるんじゃない?
アンディオールすればいいだけって
この事だったんだ~と突然ひらめいた。

ずっと歩いていたかった。

ひとりにやけながら
すごく怪しい人だったに違いない(笑)

アンディオールし続けるって
頭でわかっているのに
なんでゆるんだり抜けたり
忘れたりするんだろうってみんな悩むよね。

これってやっぱりポジションやポーズの形でしか
アンディオールする画像としてインプットされてない
って事のような気がする。

動いている時は形になっていない分
曖昧にしかインプットされてないって事なんじゃないのかな。

プリマ先生に
しつこくしつこく通り道を言われ
スローモーションで分解してもらい
こんな風に見えるかもしれないけど
実はこうやっていますと言うカラクリみたいなこととか
ずいぶん解明はされてきてるけど。

指をきちんと折ってドゥミを通ることとかも
実際はそんなところは見せないから
これ見よがしに見せることはしないけど
出来てる人とやってない人の差は歴然で
ドゥミを通ってる人は結果に表れる。

正しい通り道を通った人は
ポジションやポーズの時に小細工はいらない。
結果美しいだけの話。

1番をちゃんと通過してる人は次に苦労しないし、
それだけで美しい。
内もも~!と怒鳴られることに耳を傾けなくていい。
だって1番なんだから。

で、1番ポジション通過ってつまり
1番ポジションが両足だろうと片足だろうと存在するって事で
内側にある軸を常に感じていることが踊りに必要で
これなくしては足を取りかえることは不可能?だよね。

1番ポジション通過がダメなのは
ここだけがダメなんじゃない
前後から全てがダメだから見直せって思ってないと
たぶん今の実力じゃ修正は不可能なんだって事。

ポジション通過点は通過点がダメじゃなく
通過点がダメなことがわかりやすいだけの話。

1番ポジションがわかったら
次が5番ポジション通過って事に繋がる。
【 2013/02/04 (Mon) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。