091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

少しずつ

片足プリエがこの2週間くらいで安定してきたので
アラベスクプリエからルルベアップにチャレンジ。

単に膝が痛くないとか言う事じゃなく
正しくプリエが出来てるから
アップすることが怖くないと言う感じ。

ちょっとでも身体が開いたりねじれたりしていたら
出来ないと言うのがわかる。

キーポイントは軸足側の腹筋を落とさないこと。
隙間作って脚を回していれば
腹筋が落ちるなんてあり得ないこと。

プリエした脚が伸びるだけの話。
すっごく背中使った~。

アチチュードでパンシェ。
アラセゴンからアラベスクに
フェッテしながらプロムナードも
グランバットマンも大丈夫だった。

とにかく何をするにも立ってる軸をちゃんと引き上げて
回していれば動脚がどう動こうと回すのをやめない限り大丈夫。
と言うことが痛い痛くないじゃなく身体でわかると
動きに余裕が生まれる。

こんな当たり前なことがわかるのに
何年も費やしてるんだからバレエってほんと
切なく難しい(笑)

久しぶりにアッサンブレ。
これはまだ跳ぶのは無理と言うより着地が無理。
空中で集めた足を5番に下りる時に小細工するみたい。

ひとつひとつ分解してやると
タンジュから上げる脚が回せなくて癒着してるし。

まだたまに
膝で開いた形を作ってるだけになってるから
アラセゴンタンジュをもう一度見直した方がいいと思う。
【 2013/02/02 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。