091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

すねとかかととふくらはぎ

先生の全体注意が何を表しているか。

足首が埋まっている。
もっとかかとを押し出す。
すねやふくらはぎを使わない。

この注意で何をしなくちゃいけないか。
何故そう言う注意をされるか。
何故足首が埋まってるのか
何故かかとを押し出せないのか
何故すねやふくらはぎの力を使ってしまうのか。

その人の今あるレベルによって
同じ注意でもそれぞれに
やらなくちゃいけないことは違っていると思う。
たとえば
力を抜くとか引き上げるとか脚を伸ばすとか。
最近思うのは、
いろんな事が言われたように出来ない原因は
出来ない場所に立っているからなんだと思う。

どこに立てば出来るか
要するに軸なんだけど
この前ひらめいた軸の場所にいると出来る気がする。

しっかりかかとを押せて内くるぶしと
座骨を結んだところに軸を感じることが出来れば
足首も埋まらないし、
かかとも押し出せるし
すねやふくらはぎに余計な力は入らない。

軸に関しては
けっこうおおざっぱに注意されるけど
もっと前とか、もっとつま先とか、もっと内側とか
個人的に直されない時は
間違った修正をしてしまわないように要注意で
これこそ人によって注意ポイントは違うはず。

ここに立たなきゃと言われた軸は
私の感覚ではもっと後ろだったし
内側ではなく外だったから
言葉に騙されないように
慎重に自分の軸を見つけなくちゃいけない。

まあ、地味にコツコツと
アンディオールしていけばたどり着くのだけど。

アンディオールすると正しい場所に立てるのか
正しい場所に立っているからアンディオール出来るのか
アンディオールすれば身体は引き上がります。
引き上がっているからアンディオール出来ます。

軸がわかってくると
どちらかではなくどっちも感じられるような気がする。
【 2013/01/31 (Thu) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。