091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ターンアウト

180度に開いた足が
バレエだと思っているから
間違いが起きる。

現実問題、そうそう180度つけ根から
ターンアウト出来る人なんていないから。

回し続けて立っていられる場所は
120度かもしれないし90度くらいかもしれない。

180度のターンアウトが目標なんじゃなく
回していったら180度になったって事だから
回していったら90度でもいいんだと思う。

人より回せないことは何も恥ずかしい事じゃない。
なかなか5番になれなくて3番でも。
だってそこを練習してるんだから。
出来ないから何度も練習する。
自分の回せる現実をちゃんと見ないから
いろんなところで不具合が起きるし
小細工をしてつじつま合わせをする。

目標と現実をちゃんと区別しなくちゃいけない。

アンディオールした足が
簡単に真後ろに出せるわけがないと言われ
出来ない事をわかった上で何をするか。

プリエして上がってくる時に
ターンインしてしまう事をよく注意されるのだけど
自分の現実をわかった場所に立ってないから
回し続けていられなくなる。

膝がインになると警告してくれるので
今現実がとてもよく見える。
正しい場所に軸がないよって。

怪我しなくちゃわからなかったなんて
かわいそうすぎるけど
バレエそのものより
日常生活の癖を見直さなくちゃ
年を取ったら歩けなくなる膝だったように思う。

正しいやり方をマスターして
出来るようになってきたら
そりゃあね、
先生は言うよもっと開けとか
もっと重ねろとか。

正しい身体になってきたら
もう少し出来るかもしれないって
光が見える気がする。

最近軸が見える踊りを踊りたいって
思うようになってきたんだけど
それがわかるのがターンアウトって事なんだと思う。

バレエじゃなくても
軸のある人は美しい。
【 2012/12/23 (Sun) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。