0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

めやす

真っ直ぐプリエアップしているかのめやすとして
わかりやすいのが
フォンデュはまだ出来ないけど
ピケが怖くなくなってきたと言うように
軸のねじれのキーポイント。

大好きなフォンデュで
こんなにも軸が不安定になる意識はなかったから
フォンデュがこれほど難しいって思わなかったけど
ここの軸のプリエアップを特に意識すると
出す足に惑わされないから
やっても大丈夫になってきた。

そしてフォンデュの次に難しいのがロンデジャンプ。
回してもぶれない軸の難しさを膝が感じている。
難しさを何処で感じるか。
軸の垂直をどう保つかって事だったんだね。

今まで漠然としてたから
それがわかってよかった。

軸さえちゃんとしていたら
恐いものなんか無い。

難しいと感じているパの何処が難しいかって
わかっているようでわかってない。

回れないとか向けないとか足が出ないとか
変な形になるとかああでもないこうでもない
のほとんどがバーで一番最初にやる
プリエの軸になってないって事で
そこが繋がったら恐いものナシ。

イタリアンフェッテが出来ないとか
ピルエットが出来ないとか
難しくて出来ない代表のようなパも
結局は軸足が真っ直ぐプリエアップ出来てるかどうか
回りながらとか回しながら軸を保つと言うこと
ただそれだけ。

それを克服するのは
普段のバーでどれだけ垂直を意識出来るか
大人は頭でわかってても
身体がなかなか覚えてくれないから
そこを意識して感じることが大事なんだと思う。
【 2012/12/14 (Fri) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。