071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

股関節の場所

この前TVで腰痛にならない
洗顔の仕方ってのをやっていて
背中を丸めないで股関節で身体を折るといい
って言うやり方で
指4本を脚の付け根(鼠径部)でコマネチ~って
場所を確かめてうんぬんってことなんだけど
いつもここ離してと
注意されるメイトさんのことを思い出した。

もしかして彼女は
股関節がどんな風に身体に付いていて
どこを離さなくちゃいけないかわかっていない?

そう言えば
プリエの時も前でたたむんじゃなくて
横でと言われて直されてる
外腿でかぶさるように足を出すなとか
もう、何年も何年も直されてる
けして出来ないわけじゃなく
言われると出来るのに。

脚が股関節からどう動いているかの
その股関節の位置の認識が
きっと間違っているんじゃないかって気がする。
股関節でたたむ事は
リンバリングやストレッチで
先生に口がすっぱくなるほど言われているので
だいぶわかってきたと言われてるけど
根本的に、どこに股関節があるかわかってないと
何度も注意されるハメになるってことなのかな。

タンジュもプリエも
股関節でたたんでいるわけで
その角度が変われば
デガジェになりバットマンになるのだけど
そもそもその股関節の認識を
どこでしているかって事だよね。

その股関節の鼠径部の皮をつまんで
リンバリングするだけでも
ぱたんとたためたりするし
腹筋でそこを離してと意識するだけで
脚も軽く動くし前屈もすごく楽になる。

横の開脚も鼠径部を意識して離そうとすると
骨盤の後ろ側が寄ってくる感じがする。

離すのはそこじゃなくここだよって
ちゃんとわかればまたひとつ
ステップアップ出来るのよね。
【 2012/11/08 (Thu) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。