071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

肩胛骨と胃の裏

弱点が戻ってきた(笑)

脇を締めてとか
肩胛骨寄せてとか
背中上げてとか
腹筋使ってとか
まあいろんな注意が飛び交うわけだけど
その形をキープしようと
余計なところに力が入るから
アムスを動かす時にバランスを失う。

自分の癖をちゃんとわかっていないと
間違ったところを修正して
わけがわからなくなる。
ずいぶん良くなってきたけど
やっぱり使いこなせてないのは
胃の裏の腹筋。
いざという時抜ける。

ここが使えなくなると反る。
肩胛骨も使えない。
アムスもどこにいていいかわからなくなる。
真っ直ぐって難しい。

そして先生の言う脇
触らせてくれた、やった~(笑)

ああ~こんな風に使うのねとわかっても
自分で見えないから同じように
使えてるかわからないし本当後ろって難しい。

先生の注意でひとつわかった事。
アムスが下がってる(低い)と言われてる時
胃の腹筋が抜けるから
アムスが背中より後ろに行ってしまっている。

肩関節が柔らかいから
本当にちゃんとアムスを引っ張っていないと
抜けちゃうんだな。

きっといつものドロシーさんの背中に
なってないってこういう事なんだ。

最近注意されないから忘れていたけど
カンブレの時腹筋がちゃんと使えてるかが大事。
バーの始めプリエの
ここのスタートでしっかり意識していかないといけない。

終わってからのクールダウンで
また新しい凝りを発見。
脚の付け根の真横ここがごりごり。

地味にもみほぐすしかない感じ。
骨盤真横に寝て
ボールの上に乗るの難しいんだもの。
【 2012/10/10 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。