091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かかと

最近言われ続けているかかとのこと。

アンディオールをしようと思ったら
かかとを押し出さないと
自分的には最後の砦だった
股下の筋肉の癒着部分を離せないのがわかった。

フレックスがどうあるべきか
フレックスでどこがどうなるか
フレックス(アテール)でリンバリングしてる時
どんな脚になっているか。

先生にもっと股を上げてと言われるのは
紛れもなく股の事だった(笑)

きわどいきわのきわ。(早口言葉みたい)
なんとなく開いて
つま先を外向いて立っている事が
バレエじゃありません。

お稽古の度にそう言われ
アンディオールとはなんぞやと
アンディオールし続けるにはと
身体と向き合ってきてるけど
ちゃんと段階を踏んでいかないとダメって言うのが
今ならわかる。

アンディオールが出来てないのに
出来てる人と同じ事をやるなんて無茶すぎるのよ。
本当に出来てないのを確認してるようなもの。

プリマ先生に
最後には「だってプリエが出来てないんだもの」と、
何をやってもそう結論付けられて
でもめげなかったから今があるんだけど
アンディオールが出来るようになったら
身体の向き合い方がまた変わってくるし
自分の弱い部分を訓練したり
その日の重点を決めてレッスンする事も出来る。

You Tubeなんかで見かける
バレリーナのバーレッスン。

あの人達はアンディオールが出来てるから
ドゥミを通る練習何かしなくても脚が伸ばせるし
正しい真っ直ぐを身体で知ってるから
身体を開いて伸ばしてたっていいし
背骨の全部に隙間があるから
腰で折れてアラベスクしてるように見えるだけで
おかしなポーズにはならない。

真っ直ぐが出来てないから
まだそんな事はさせない。

2番(8番)の方向に進んでいるだけで
2番(8番)を正面だと思って進む。
鏡なんか見えるわけない。

トンベパドブレやグリッサードに染みついた長年の癖。
変なあやが自分を苦しめている。

前に進みたいからそこは4番です。
プリエの時には進めない進めるはずがない。

こんな基本中の基本が
ものすごく曖昧だったし
もっと大きく動いてと言われることに騙されてた。
大きく動いてる人がどこで動いてるか
まるでわかってなかったから。

プリマ先生の注意は
アンディオール出来てない人の注意。
ゴットハンド先生の注意は
アンディオールが出来てることが前提の注意。
ここを一緒くたにしたら
お互い不幸になる。
時々二人の先生は真逆の注意をするから。

たとえば
足の裏全部を均等に床に着けて
土踏まずを上げようなんて思わないで全部着ける。
かかとでもっと床を踏む。
と言うのと
土踏まずをきゅっと上げて。
かかとに乗らない、かかとはいつでも浮ける。
と言う感じ。
どっちも正解。

アンディオール出来るように注意する事と
アンディオールが出来たら
さらにレベルアップさせていく
と言う考え方なんだろうなと思う。

言葉や表現方法は違うけど
見える結果は同じ所を目指している。
どの言葉が身体に響くかはそれぞれだと思う。
【 2012/10/01 (Mon) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。