071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

回した結果

久しぶりに居残りで身体研究会。
どの筋肉で脚を回せばいいかわかってくると
身体がいろいろな事をわかり始めた。

今までずっと言われてた事が
回してる結果そうなるという事が。

もっとつま先伸ばしてとか
もっと内腿寄せてとか
脚張ってとか
背中真っ直ぐとか
腹筋使うとか
頭蓋骨浮かせてとか
肩胛骨寄せてとか
肩下げてとか
アムス遠くとか
色んな事が
全てアンディオールした結果。


つま先を伸ばさないと回せない。
(上級者は出来るかもしれないけど)
つま先がゆるんだ瞬間アンディオールもゆるむ。
つま先伸ばしてという注意をされてるうちは
つま先と言うより足の裏なんだけど
アンディオールとつま先の関係を身体がわかってないって事。
つま先を伸ばせば解決するんじゃない
アンディオールするために
足の裏を使うとつま先が伸びる。

もっと内腿寄せてと言われてるのも
回していたら内腿は寄ってくる。
腿を寄せるんじゃなく回してたら必然的に寄る。
内腿を寄せる事に一生懸命になってるから
寄ったり離れたりする。
アンディオールしていたら内腿は寄り添ってる。

背中とか腹筋とかの姿勢の注意も
アンディオールする筋肉を
正しく使っていたらこうあるべきと言う場所や形になる。
肩が上がってたらアンディオールの妨げになるし
回そうと思ったら身体は正しいところに行きたがる。
もっとこうしたい、
もっと回したここで立ちたいと言う気持ちになる。

つま先伸ばしてアンディオールしてるから
パッセがインになったりつま先がフレックスになったりは
意識してそうしないとあり得ない。
(よく見るコンテンポラリーとか)

ポジションじゃないところから
形だけ作っていくのは超難関。
初動がダメなら全部ダメ。
プロなら可能かもしれないけど。

先生が伝えている注意は
アンディオールした結果だから
その結果を出すためには
やはりアンディオールしか道はない。

だからつま先だけ外に向けても
柔軟性で股関節が開けても
似た形になる事が出来ても
それはバレエじゃない。

180度真横に回す事が出来なくても
たとえつま先の方向が90度でも
脚が回せていたら美しいラインになる。

回そうと思ったら脚は遠くに行きたがるし
床からかかとが離れるその瞬間がとても重要。

フレックスからポアントになる時の足の裏の感覚が
アンディオールと密接な関係がある。

たぶんこういう事が
子どもの頃からやってると成長過程で
そう言う身体になっているって事で
形から真似て中身も出来てくると言うのに
生きてきた時間が長ければそれなりに
大人は時間を要すると言う事で
大人からは無理ですって事ではない。

バレエをしてない時間の方が圧倒的に長いんだもの。
考えなきゃダメだし
変わろうとしないとダメ。

脚を開くんじゃなく回すと言う事が身体でわかったら
常にその状態を作ろうとすれば身体は変わる。

世界中のバレリーナが、
どんなに優秀な天才プリマであれ
欠かせないバーレッスンって改めてすごいと思う。

わかった事は
やってるつもりは出来てないし
出来てるつもりはやってないし
また新たな一歩という感じ。

何をすべきか身体に何が起きてるか
急に前進した気がする。
【 2012/09/28 (Fri) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。