091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

床から垂直

ゴットハンド先生の導きにより
床から垂直の軸が見つかった。

先生がもっと細い
このくらいのすきまを通るイメージで
と10㎝くらいの隙間を手で作ったのがヒット。

細いところを通ろうとする時
人はどうするか?

縦に伸びる。
うすくなる。

10㎝の幅の所を通れるわけはないけど
軸をまずその細さでイメージすると軸は通れる。
軸以外は軽くふわふわとしたものをイメージ。

綿飴と割り箸みたいな(笑)
割り箸が通れば通れるみたいな。

これが体軸って事かもしれない。
隙間を通り抜けるために
自分を細いものにイメージしていくと
そこに軸があり、そこがまるごと移動していく。

体操の内村選手が跳馬を跳ぶ前に
手を前に向かって上下にまえならいして
行く方向を指していたの見ていた人がいたら
まさにそこが身体の真ん中。

骨盤の向きを注意されたり
進行方向を注意されたりするのは
自分の進むべき方向が中心を取っていないからと
突然のひらめきで身体が感じてくれた。

私の真ん中はここと。

面白いくらいに真っ直ぐがわかり
この軸で動く事が出来たら
余計な力はいらない。
本当に外側の力が抜ける。
腹筋や背筋の意識もいらない。

真上に永遠に伸びていける場所。
床から垂直に背骨や軸を感じると
頭の場所がとてもいい位置に納まり
みるみる肩が軽くなった。

ああ、私の肩こりの原因は
やっぱり頭の位置だったと納得。
【 2012/08/22 (Wed) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。