0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

6番ポジション

脚の外側を伸ばす。
外側って本当に外なんだよ(笑)

X脚の私にとって6番ポジションが
本当に気を付け所満載でいつも迷いっぱなし。

X脚って言うとO脚と言うより聞こえはいいみたいだけど
実は全然良くない。

極端な話
脚が膝関節で折れてくの字になってるから
プリエの時ねじれていると
膝の内側に力がかかって
将来大変なことになる。

そして関節が柔らかいから真っ直ぐが
すぐわからなくなる。
X脚もO脚も立ち方の癖だから
内腿を真っ直ぐもっと上に引き延ばすと
お互いの脚が寄ってきて直ると言われているけど
長年積み重ねた人生は重く
そう簡単にねじれた人生はうまくはいかない。

立ち方の癖ならそこを直せばいいだけなのに
どこに立てばいいのかが不明瞭で
また謎に拍車をかける。

でも直す気満々だから
常にアンテナを張っていて
生徒のほとんどがO脚だからO脚の注意の反対とかも
やったりとか
普段から常に気を付けるようにしていたし
いつも迷いながら正しい立ち方を研究していた。

そしてここに来てやっと個人的なアドバイス。
内側に倒れないようにずっと気を付けていたのに
もっと内側に立っていいよと。

え~~~?いいの?
ほんと?いいの?
ここで立つのはずっと罪悪感があったのに(笑)

そしてお稽古後改めて
正しい場所と脚の伸ばし方を教えてもらう。

今自分に起きていること、直そうとしてること
迷ってることを先生に言って
脚のアライメントを正しくするためのポイントとして
外側を伸ばすことを教えてもらった。

とにかく股関節から膝までの外側を意識して伸ばす。

開脚した時にアンディオールすると
外側が伸びるんだけどきっと同じ場所が
6番でも伸ばせなくちゃいけないって事なんだと思う。

そして先生としばらくここを意識してやってみますと約束。
また何かあれば考えましょうと言うことで
今まで迷いに迷っていた道が少し拓けた。

小躍りして帰路。
謎が解けるって最高~やったね。
【 2012/07/14 (Sat) 】 バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。